Qravityは、制作者が自分の作品を所有し、利益を得ている分散型のコンテンツ制作・流通プラットフォームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
QCO
開始日時
2018-07-02
終了日時
2018-09-05
初回価格
1 QCO = 0.0002 ETH
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of Qravity?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Presale, July 2, 2018 - 30%
  • Round 1, July 17, 2018 - 25%
  • Round 2, July 27, 2018 - 20%
  • Round 3, Aug. 6, 2018 - 15%
  • Round 4, Aug. 16, 2018 - 10%
  • Round 5, Aug. 26, 2018 - 5%

概要

Qravityは、映画、音楽、ゲーム、電子書籍、アプリケーションなど、元の収益性の高いデジタルコンテンツを創造的なビジョンを持つ人々が共同で開発するためのスペースを提供します。このプラットフォームは、Ethereumブロックチェーン上のバーチャルトークンを使用してデジタルコンテンツの作成を追跡し、クリエイティブチームメンバー間でプロジェクトステークを配布し、Qravity製のコンテンツを市場に直接持ち込む。 Blockchainテクノロジは、収益、製品流通、利益分配の面でプラットフォームの取引を透明にします。    一般に、Qravityは、生産者やクリエイターが消費者が欲しがる独特なコンテンツを想像し、開発し、配布する際に、共同作業を改善し、障害を取り除きます。

Qravityプラットフォームは、アセットの制作と承認、ファイル共有、コミュニティーとチームのコミュニケーションのためのメッセージングを含む、統合されたプロジェクト管理ツールを備えた分散型のデジタルコンテンツ開発および配布プラットフォームです。プロジェクトチームのメンバーは、その役割に従ってこれらの機能を使用します。たとえば、創始者はプラットフォームを使用してクリエイティブチームを指揮することができますが、クリエイターは自分の進歩とステークを追跡できます。プロジェクトが完了すると、Qravityはコンテンツを市場に持ち込み、プラットフォームを通じて消費可能にし、販売代理店に権利を販売し、アプリストアやストリーミングサービスなどの第三者のデジタルマーケットプレイスを通じて直接販売します。

チーム すべてを見る

Reinhard David Brandstaetter
Reinhard David Brandstaetter
CEO & Founder
Christian Sascha Dennstedt
Christian Sascha Dennstedt
CFO & Founder
Bryan W. Hollmann
Bryan W. Hollmann
Legal Advisor
Andreas Petersson
Andreas Petersson
Smart Contract Advisor, Security Infrastructure - Capacity
Franz Eige
Franz Eige
Business Advisor, Project Manager - Capacity
Christopher Barber
Christopher Barber
Economy Consultant & Blockchain Advisor

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗