TV-TWO - テレビを見ながら、仮想通貨を獲得

リニア放送の新しいゲートウェイとして使用されるスマートTV用のアプリケーションで、パーソナライズされたビデオストリームを追加チャネルとして組み合わせたものです。ユーザー、広告主、コンテンツ制作者の間の直接的なやりとりによって、新しいテレビエコシステムを調整する技術。テレビ用のトークンであるTTVと呼ばれる独自のイーサリアムベースのトークンは、セキュリティと公平性を確保しながらエコシステムを推進します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TTV
開始日時
2018-05-24
終了日時
2018-07-24
最低目標
2,500 ETH
最高目標
50,000 ETH
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of TV-TWO?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率67%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    現在のテレビエコシステムは壊れています。世界中のテレビネットワークは、広告主の価格を引き上げ、コンテンツクリエイターへの報酬を引き下げ、消費者の購読コストを引き上げるために、ゲートキーパーとしての市場力を濫用しています。彼らは寡占的な地位と利益を維持するために、コンテンツ配信と広告技術の革新を積極的に妨げます。多くの消費者は、放送テレビの状態に不満を抱いています。固定番組スケジュールのリーンバック性を楽しんでいますが、視聴パターンや興味に合わせてより多くのプレミアムコンテンツを見たいと考えています。同時に、Google、Facebook、Amazon、Netflixなどの技術大手は、テレビのエコシステムを壁に囲んだ庭を築き、データと消費者へのアクセスを通じてより多くのパワーを得ようとしています。

    TV-TWOは、コードを切断することに興味がある人にOpen Platformの形式でコミュニティにソリューションを提供します。これには次のものが含まれます。まず、従来のテレビとパーソナライズされたビデオストリームを組み合わせたConnected TV用のアプリケーションで、サブスクリプション費用なしでプレミアムコンテンツを提供します。ビデオストリームは、ボタンを1回クリックするだけでいつでも開くことができます。次は、消費者、コンテンツプロバイダ、および広告主の間で交換された価値を管理するERC20トークンであるテレビ用トークン(TTV)です。

    我々は、新しいエコシステムを提案します。ここでは、イーサリアムブロックチェーンのトラストレス性質が、市場参加者が中間者に頼ることなく直接対話することを可能にします。消費者は、広告主からのスポンサードメッセージを見るためにTTVを受け取っている間に、キュレーションされたビデオを見ることになります。コンテンツ制作者は、質の高い制作のためにTTVをユーザーに報酬を与えます。テレビ用トークンは、群衆の中でコミュニティに提供されます。 Jason TeutschとVitalik Buterinによって提案されたICOの新しく改良された標準を採用し、より公平で透明な割り当てプロセスを保証します。 TTVクラウドデールは、特に大画面でスポンサーとなるリーチを探している広告主にとって重要です。同時に、投資家はモデルに固有のネットワークユーティリティ拡張メカニズムから利益を得ることができます。ICO後に追加のコインが発行されることはなく、各トークンはTV-TWOユーザーの固定部分に広告を表示するための予約権を持っているため、プラットフォームに来る各消費者はトークンの価値を高めます。

    チーム すべてを見る

    Jan Phillip Hofste
    Jan Phillip Hofste
    Co-Founder
    Philipp Schulz
    Philipp Schulz
    Co-Founder
    Nicolas Schnorpfeil
    Nicolas Schnorpfeil
    Chief Financial Officer
    Jonas Schmidt
    Jonas Schmidt
    Head of Business Development
    Rodrigo Acosta
    Rodrigo Acosta
    Blockchain Developer
    Joschka Kintscher
    Joschka Kintscher
    Software Engineer and Crypto Investor

    人気STO/ICO記事

    • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

      警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
    • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

      国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
    • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

      ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )