TontineTrust - 豊かに長生きする

退職基金の将来はブロックチェーンによって保護された完全に規制されたピアツーピアのTontinesです。TontineTrustは生涯年金などの従来な長寿リスクソリューションに関連するコスト層を排除する分散型元帳プラットフォームを開発しています。 Tontinesは偏っていない数学的に頑強な "Smart-Actuary"によって管理されます。Smart-Actuaryは多くの従来な年金商品よりも40%以上高い退職者の変動生涯所得を提供することが期待されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TON
開始日時
2018-02-15
終了日時
2018-03-15
初回価格
1 TON = 1 GBP
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of TontineTrust?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, BCH, Fiat
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

TrustTON$は、プラットフォーム内で複数の役割を果たします

  • Tontine資産の5〜10%は、市場で購入されたTON$を使用して毎年支払われます
  • 物流パートナーは、準備金からTON$手数料を得るためにTON$を購入し、売却する必要があります
  • プラットフォーム料金はTON$で集められます
  • TonCardsはTON$保有者に特典を提供しています

チーム すべてを見る

Dean McClelland
Dean McClelland
CEO responsible for Product Development, Establishing Partnerships
Jon Matonis
Jon Matonis
Chairman, Strategic Adviser Bitcoin & Blockchain, Entrepreneur
Jörg Platzer
Jörg Platzer
Board Member, Strategic Adviser BTC, Blockchain, Tontines Expert Cryptoeconomist
Richard K. Fullmer
Richard K. Fullmer
Actuarial Strategist, Asset Allocation Director
Dr. Michael J Neish
Dr. Michael J Neish
Quant / Programmer responsible for Product Engineering & Payout Trajectory Optimisation
Marcin Zduniak
Marcin Zduniak
Lead Developer Blockchain, Fintech

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ