Tiberius - 34兆ドルのハイテク金属市場へのアクセス!

Tiberiusのコインは、IoT、輸送、宇宙、ロボット、AIなどの産業で使用される貴金属および卑金属のポートフォリオに直接参加することを可能にするアセットバックトークンです。 これまでに発行された最も流動的なデジタル資産であり、時間が経つにつれて価値が高まり、仲介者と仮想通貨市場の不確実性を排除します。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TCX
開始日時
2018-10-01
終了日時
2018-10-21
最低目標
20,000,000 USD
最高目標
35,000,000 USD
初回価格
1 TCX = 0.70 USD
トークン供給数
50,000,000
公式サイトへ Owner of Tiberius?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, XRP, BCH, Fiat, EUR, USD, JPY
供給率不明
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域Citizens or residents (tax or otherwise) of the People Republic of China etc.
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Tiberius Coin(T-Coin)は、将来のテクノロジーの鍵となる戦略的金属のバスケットに直接所有権を与える最初の仮想通貨金融商品です。トークンは、同じ配分と量の金属について所有権領収書のように動作します。金属は独立した倉庫で保管され監査され、要請に応じて納品が可能です。

金属が単独で監査された後に、トークンを発行するため、トークン価格がゼロになることはありません。 Tiberius Coinには技術市場のすべての利点がありますが、ビットコインの欠点はありません。この組成は、基礎となるバスケットのリスクプロファイル、ボラティリティ、および保管コストを最適化するように指定されます。ロボティクス、ドローン、ウェアラブルテクノロジーなどの新技術の普及が進む中、このバスケットは中期的に優れていると確信しています。 仮想通貨投資家は本質的に将来を見ているので、我々は技術金属の成長が主要な原動力であると思います。電気自動車/ EVの面では、重要なバッテリーメタル(特にコバルト)がすでに高く評価され、他のベースメタル(ニッケルやアルミニュウムなど)の今後の成長予測の多くは、テクノロジーと電気自動車の普及によるものです。安定性金属は貯蔵コストを低下させ、ボラティリティを低下させるため選択されます。金の使用はまた、流動性の向上と通貨リスクに対する保護を提供します。

チーム すべてを見る

Christoph Eibl
Christoph Eibl
CEO
Philip R. Zimmermann
Philip R. Zimmermann
Chief Scientist and Security Officer
Rafael Torreblanca
Rafael Torreblanca
CMO
Giuseppe Rapallo
Giuseppe Rapallo
COO
Nicholas Cutler
Nicholas Cutler
CTO
Simon Rahme
Simon Rahme
Head of Development

人気ICO記事

  • アンケートのご案内【謝礼贈呈】先着100名限定

    ※満員御礼につき企画を締め切りました。某国内企業様よりアンケートモニターのご案内です。仮想通貨投資の経験がある方が対象になります。興味がある方は本メール末尾のリンクよりアンケートにご参加ください。40問程度の仮想通貨投資関連の質問となります。ご回答いただく所要時間は10分程度です。アンケートに全問回答いただいた先着100名様には謝礼として500円相当のETHを贈呈させていただきます。先着順ですので、お早目のご回答をお願いいたします。下記の画像のように、先にコピーしてからアンケートに参加しましょう。アンケートのご回答から10営業日以内に送金させていただきます。 () ※満員御礼につき企画を締
  • コミケ95に参加されるサークルの皆様へ|仮想通貨決済を導入しませんか?

    気づけば11月も終盤になり、あっという間に年末ですね。年末といえば?はい。コミケですね。一応ピンと来ない方に概要をお伝えすると。東京ビッグサイトで開催される"オタクの祭典"・コミックマーケット、通称"コミケ"。毎回、50万人以上が駆けつける、熱量高いイベントです。今年の夏に開催されたコミックマーケット94は酷暑にも関わらず来場者数は53万人で、経済効果は180億円あるのだとか・・・。▼コミックマーケット95参加サークル34,850って、半端ないですね。コミケに負けじ劣らじの熱量があった?ビットコイン。昨年末と比較すると、現在は市場も落ち着き、「ビットコインおわた」なんて声も囁かれる昨今ですが、
  • ウィジェットが更に進化!「コイン相場」開発週報 Vol.22

    先週は細かい修正に注力しました。是非ダウンロードしてください!それと同時に新しいUI設計も進めております。同期の進行状況が分かるグラフを表示しました。値上がり時は緑字、値下がり時は赤字で価格が表示されるようになりました。これで価格の上下が一瞬で分かるようになります。韓国でもAirDropQを開催すべく対応作業中です。デザインチームが先週の金曜、新しい案を発表しました。こちらもご期待ください。