Tiberius - 34兆ドルのハイテク金属市場へのアクセス!

Tiberiusのコインは、IoT、輸送、宇宙、ロボット、AIなどの産業で使用される貴金属および卑金属のポートフォリオに直接参加することを可能にするアセットバックトークンです。 これまでに発行された最も流動的なデジタル資産であり、時間が経つにつれて価値が高まり、仲介者と仮想通貨市場の不確実性を排除します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TCX
開始日時
2018-10-01
終了日時
2018-10-21
最低目標
20,000,000 USD
最高目標
35,000,000 USD
初回価格
1 TCX = 0.70 USD
トークン供給数
50,000,000
公式サイトへ Owner of Tiberius?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, XRP, BCH, Fiat, EUR, USD, JPY
供給率不明
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域Citizens or residents (tax or otherwise) of the People Republic of China etc.
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Tiberius Coin(T-Coin)は、将来のテクノロジーの鍵となる戦略的金属のバスケットに直接所有権を与える最初の仮想通貨金融商品です。トークンは、同じ配分と量の金属について所有権領収書のように動作します。金属は独立した倉庫で保管され監査され、要請に応じて納品が可能です。

金属が単独で監査された後に、トークンを発行するため、トークン価格がゼロになることはありません。 Tiberius Coinには技術市場のすべての利点がありますが、ビットコインの欠点はありません。この組成は、基礎となるバスケットのリスクプロファイル、ボラティリティ、および保管コストを最適化するように指定されます。ロボティクス、ドローン、ウェアラブルテクノロジーなどの新技術の普及が進む中、このバスケットは中期的に優れていると確信しています。 仮想通貨投資家は本質的に将来を見ているので、我々は技術金属の成長が主要な原動力であると思います。電気自動車/ EVの面では、重要なバッテリーメタル(特にコバルト)がすでに高く評価され、他のベースメタル(ニッケルやアルミニュウムなど)の今後の成長予測の多くは、テクノロジーと電気自動車の普及によるものです。安定性金属は貯蔵コストを低下させ、ボラティリティを低下させるため選択されます。金の使用はまた、流動性の向上と通貨リスクに対する保護を提供します。

チーム すべてを見る

Christoph Eibl
Christoph Eibl
CEO
Philip R. Zimmermann
Philip R. Zimmermann
Chief Scientist and Security Officer
Rafael Torreblanca
Rafael Torreblanca
CMO
Giuseppe Rapallo
Giuseppe Rapallo
COO
Nicholas Cutler
Nicholas Cutler
CTO
Simon Rahme
Simon Rahme
Head of Development

人気STO/ICO記事

  • 韓国、ブロックチェーン企業80%↑・・売り上げなし、破産寸前か

    韓国のメディアによると、韓国ブロックチェーン企業のほとんどが売り上げがなく、破産寸前状態だ。スタートアップのブロックチェーン企業は大手企業と競争できず、苦戦している。韓国メディア、ビジネスコリアは去年、ブロックチェーン関連企業10か所の中で2か所だけが売り上げがあったと報道した。韓国のソフトウェア政策研究所で発表した資料によると、ブロックチェーン産業の売り上げは他の技術産業とは対照的でブロックチェーン産業は苦戦しているが、クラウドコンピューティング産業・ビックデータ・IOT産業などの韓国企業の約50~70%が同じ期間の中で売り上げが増加した。去年、韓国のブロックチェーン事業の売り上げは合わせて
  • 韓国、Upbit取引所がMoneroなどの匿名通貨6種類を対象に上場廃止を検討・・・XMR・DASH・ZEC・XHV・TUBE・PIVX

    韓国最大級、仮想通貨取引所Upbitが9日の午後17時頃、公式ホームページを通じ、匿名の特徴を持つ・XMR・DASH・ZEC・XHV・TUBE・PIVXの6種類の通貨を注意銘柄として指定し、上場廃止を検討すると発表した。Upbitは上場廃止の理由として2018年10月に開かれた総会で「マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)」の暗号資産取り扱い業者(Virtual Asset Service Provider)に関する国際基準を適用させると協議し、これに関する具体的な実施法案を2019年6月まで規定すると公表していたと説明した。また、暗号資産がマネーロンダリングや違法的な目的で使
  • 2019年のブロックチェーン特許申請・・中国67%・米国16%·日本5%·ドイツ4%·韓国2%

    中国メディアIPRdailyは最近2019年、上半期の世界ブロックチェーン関連の「特許申請企業ランキング100」を発表した。2019年は2018年の特許申請数をはるかに上回っている。報道によると、特許申請の数が一番多かった企業は中国企業の「アリババ」で合わせて322件を申請していた。次は中国の保険会社「平安」が274件(2位)、その次はアンティグア・バーブーダ(カリブ海東部に位置する島国)のブロックチェーン企業「nChain」が241件(3位)だった。※資料: マスターカード 79件(10位) マイクロソフト 35件(22位)一方で日本企業は NEC 18件(46位) SONY