Tiberius - 34兆ドルのハイテク金属市場へのアクセス!

Tiberiusのコインは、IoT、輸送、宇宙、ロボット、AIなどの産業で使用される貴金属および卑金属のポートフォリオに直接参加することを可能にするアセットバックトークンです。 これまでに発行された最も流動的なデジタル資産であり、時間が経つにつれて価値が高まり、仲介者と仮想通貨市場の不確実性を排除します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TCX
開始日時
2018-10-01
終了日時
2018-10-21
最低目標
20,000,000 USD
最高目標
35,000,000 USD
初回価格
1 TCX = 0.70 USD
トークン供給数
50,000,000
公式サイトへ Owner of Tiberius?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, XRP, BCH, Fiat, EUR, USD, JPY
供給率不明
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域Citizens or residents (tax or otherwise) of the People Republic of China etc.
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Tiberius Coin(T-Coin)は、将来のテクノロジーの鍵となる戦略的金属のバスケットに直接所有権を与える最初の仮想通貨金融商品です。トークンは、同じ配分と量の金属について所有権領収書のように動作します。金属は独立した倉庫で保管され監査され、要請に応じて納品が可能です。

金属が単独で監査された後に、トークンを発行するため、トークン価格がゼロになることはありません。 Tiberius Coinには技術市場のすべての利点がありますが、ビットコインの欠点はありません。この組成は、基礎となるバスケットのリスクプロファイル、ボラティリティ、および保管コストを最適化するように指定されます。ロボティクス、ドローン、ウェアラブルテクノロジーなどの新技術の普及が進む中、このバスケットは中期的に優れていると確信しています。 仮想通貨投資家は本質的に将来を見ているので、我々は技術金属の成長が主要な原動力であると思います。電気自動車/ EVの面では、重要なバッテリーメタル(特にコバルト)がすでに高く評価され、他のベースメタル(ニッケルやアルミニュウムなど)の今後の成長予測の多くは、テクノロジーと電気自動車の普及によるものです。安定性金属は貯蔵コストを低下させ、ボラティリティを低下させるため選択されます。金の使用はまた、流動性の向上と通貨リスクに対する保護を提供します。

チーム すべてを見る

Christoph Eibl
Christoph Eibl
CEO
Philip R. Zimmermann
Philip R. Zimmermann
Chief Scientist and Security Officer
Rafael Torreblanca
Rafael Torreblanca
CMO
Giuseppe Rapallo
Giuseppe Rapallo
COO
Nicholas Cutler
Nicholas Cutler
CTO
Simon Rahme
Simon Rahme
Head of Development

人気STO/ICO記事

  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし
  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi