Tiberius - 34兆ドルのハイテク金属市場へのアクセス!

Tiberiusのコインは、IoT、輸送、宇宙、ロボット、AIなどの産業で使用される貴金属および卑金属のポートフォリオに直接参加することを可能にするアセットバックトークンです。 これまでに発行された最も流動的なデジタル資産であり、時間が経つにつれて価値が高まり、仲介者と仮想通貨市場の不確実性を排除します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TCX
開始日時
2018-10-01
終了日時
2018-10-21
最低目標
20,000,000 USD
最高目標
35,000,000 USD
初回価格
1 TCX = 0.70 USD
トークン供給数
50,000,000
公式サイトへ Owner of Tiberius?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, XRP, BCH, Fiat, EUR, USD, JPY
供給率不明
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域Citizens or residents (tax or otherwise) of the People Republic of China etc.
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Tiberius Coin(T-Coin)は、将来のテクノロジーの鍵となる戦略的金属のバスケットに直接所有権を与える最初の仮想通貨金融商品です。トークンは、同じ配分と量の金属について所有権領収書のように動作します。金属は独立した倉庫で保管され監査され、要請に応じて納品が可能です。

金属が単独で監査された後に、トークンを発行するため、トークン価格がゼロになることはありません。 Tiberius Coinには技術市場のすべての利点がありますが、ビットコインの欠点はありません。この組成は、基礎となるバスケットのリスクプロファイル、ボラティリティ、および保管コストを最適化するように指定されます。ロボティクス、ドローン、ウェアラブルテクノロジーなどの新技術の普及が進む中、このバスケットは中期的に優れていると確信しています。 仮想通貨投資家は本質的に将来を見ているので、我々は技術金属の成長が主要な原動力であると思います。電気自動車/ EVの面では、重要なバッテリーメタル(特にコバルト)がすでに高く評価され、他のベースメタル(ニッケルやアルミニュウムなど)の今後の成長予測の多くは、テクノロジーと電気自動車の普及によるものです。安定性金属は貯蔵コストを低下させ、ボラティリティを低下させるため選択されます。金の使用はまた、流動性の向上と通貨リスクに対する保護を提供します。

チーム すべてを見る

Christoph Eibl
Christoph Eibl
CEO
Philip R. Zimmermann
Philip R. Zimmermann
Chief Scientist and Security Officer
Rafael Torreblanca
Rafael Torreblanca
CMO
Giuseppe Rapallo
Giuseppe Rapallo
COO
Nicholas Cutler
Nicholas Cutler
CTO
Simon Rahme
Simon Rahme
Head of Development

人気STO/ICO記事

  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ
  • 株式投資型クラウドファンディングとは?

    株式投資型クラウドファンディングは、金融商品取引法の改正に伴って2015年5月から始まった新しい株式投資の手段です。実際には、2016年10月に初めて専用ライセンスが金融庁が発行され、が成立しているので、3年弱の運用期間になる比較的新たらしい金融商品になります。※いわゆる有価証券の取扱になるので、第一種金融商品取引業のライセンスが必要になります。これまで、ベンチャーキャピタルや一部のエンジェル投資家しか購入出来なかった未公開株をインターネット上で広く購入出来るようになる仕組みです。購入金額も数十万円からとなり、個人でも購入しやすい仕組みとなっています。非上場企業の株式ですので、該当企業が上場
  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規