HackFund - ブロックチェーン上の流動性あるベンチャーファンド

HACKファンドは、ハッカー/ファウンダ(H / F)によって作られたベンチャーファンドであり、ブロックチェーン技術を使用して投資家に流動性を提供します。 トークンの販売中に調達された資金は、世界規模のトップテクノロジー企業に投資されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
HACK
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of HackFund?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

HACK基金は、ブロックチェーン技術を利用して投資家に流動性を提供するHackers / Founders(H / F)が創設したベンチャーファンドです。トークンの販売中に調達された資金は、世界規模のトップテクノロジー企業に投資されます。

H / FがHACK Fundを創設する前は、テクノロジーと新興企業のための情熱を共有した小さなグループの創業者として始まりました。コミュニティは、創始者が互いにつながり、学び、成長し、協力するための重要な場所となりました。今日、H / Fコミュニティは、シリコンバレーの一員から48カ国のおよそ30万人に成長しました。

H / FはH / Fの広範なネットワークを活用した初期段階の企業向けの成長プログラムであるCo-opを立ち上げました。 Co-opは株と引き換えに接続、サポート、およびサービスを提供し、新興企業はグローバルに拡大することができます。 H / Fの共同体のルーツの精神で、創業者は文字通りお互いの仲間からそれぞれの資本を受け取るので、お互いの成功に関係があります。

H / Fは、Co-opポートフォリオスタートアップの株式を使用して4つのファンドを作成し、投資家に売却しました。ファンド1〜4は5年間IRR 30%を実行し、FacebookやCiscoなどの企業には7つの出口を備えています。

HACK Fundは、H / Fのスタートアップファンドの成功記録をイーサリアムブロックチェーンのパワーと組み合わせたものです。その結果、世界中にベンチャー投資が民主化されています。投資家は流動性を持っています。なぜなら、彼らはいつでもオンラインで取引をして資金トークンを売買する自由があるからです。ブロックチェーンを使用するとボーダーが消去されるため、より多くの新興企業が資金を調達し、独自のトークンセールを終了することができます。

チーム すべてを見る

Jonathan Nelson
Jonathan Nelson
Managing Director HACK Fund | CEO H/F
Laura Nelson
Laura Nelson
Managing Partner HACK Fund | CIO H/F
Mak Gutiérrez
Mak Gutiérrez
Partner, HACK Fund | Director, H/F Mexico
Torrance Carroll
Torrance Carroll
Partner, HACK Fund | COO H/F
Connor McGill
Connor McGill
Partner, HACK Fund | Director, Finance H/F
David Lee
David Lee
VP, H/F China

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・ 
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元: