HackFund - ブロックチェーン上の流動性あるベンチャーファンド

HACKファンドは、ハッカー/ファウンダ(H / F)によって作られたベンチャーファンドであり、ブロックチェーン技術を使用して投資家に流動性を提供します。 トークンの販売中に調達された資金は、世界規模のトップテクノロジー企業に投資されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
HACK
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of HackFund?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

HACK基金は、ブロックチェーン技術を利用して投資家に流動性を提供するHackers / Founders(H / F)が創設したベンチャーファンドです。トークンの販売中に調達された資金は、世界規模のトップテクノロジー企業に投資されます。

H / FがHACK Fundを創設する前は、テクノロジーと新興企業のための情熱を共有した小さなグループの創業者として始まりました。コミュニティは、創始者が互いにつながり、学び、成長し、協力するための重要な場所となりました。今日、H / Fコミュニティは、シリコンバレーの一員から48カ国のおよそ30万人に成長しました。

H / FはH / Fの広範なネットワークを活用した初期段階の企業向けの成長プログラムであるCo-opを立ち上げました。 Co-opは株と引き換えに接続、サポート、およびサービスを提供し、新興企業はグローバルに拡大することができます。 H / Fの共同体のルーツの精神で、創業者は文字通りお互いの仲間からそれぞれの資本を受け取るので、お互いの成功に関係があります。

H / Fは、Co-opポートフォリオスタートアップの株式を使用して4つのファンドを作成し、投資家に売却しました。ファンド1〜4は5年間IRR 30%を実行し、FacebookやCiscoなどの企業には7つの出口を備えています。

HACK Fundは、H / Fのスタートアップファンドの成功記録をイーサリアムブロックチェーンのパワーと組み合わせたものです。その結果、世界中にベンチャー投資が民主化されています。投資家は流動性を持っています。なぜなら、彼らはいつでもオンラインで取引をして資金トークンを売買する自由があるからです。ブロックチェーンを使用するとボーダーが消去されるため、より多くの新興企業が資金を調達し、独自のトークンセールを終了することができます。

チーム すべてを見る

Jonathan Nelson
Jonathan Nelson
Managing Director HACK Fund | CEO H/F
Laura Nelson
Laura Nelson
Managing Partner HACK Fund | CIO H/F
Mak Gutiérrez
Mak Gutiérrez
Partner, HACK Fund | Director, H/F Mexico
Torrance Carroll
Torrance Carroll
Partner, HACK Fund | COO H/F
Connor McGill
Connor McGill
Partner, HACK Fund | Director, Finance H/F
David Lee
David Lee
VP, H/F China

人気STO/ICO記事

  • 【7/17】世界ニュースまとめ - 仮想通貨投資で有名だった「青汁王子」懲役2年求刑、サモア当局、PayPal、リップルに対抗、モバイル送金アプリ「Xoom」を8月リリース予定

    世界的な送金及び決済サービス大手企業PayPalがリップルと競合するモバイル国際送金アプリXoomを8月リリースする予定だ。暗号資産メディアDecryptによると、PayPalは国際送金をより早く便利に提供するためのXoomアプリサビースを来月からヨーロッパ全域で始める。Xoomはヨーロッパ32か国の居住者が世界132か国以上の国に送金できる予定で、まずはヨーロッパからサービスが開始される。Xoomは銀行との提携を通じ、1件当たり、最大8,000パウンド(約100万円)までの送金ができ、送金手数料はヨーロッパ内=4ドル、ヨーロッパ以外=9ドルで設定されている。同メディアはXoomアプリがリリー
  • 【7/18】世界ニュースまとめ - リップル、クウェートのBoubyan銀行と提携へ、財務省・金融庁が主導で暗号資産版SWIFTを創設

    UNLOCKの18日報道によるとリップル社が2004年設立されたクウェートのBoubyan銀行と17日パートナシップを締結した。Boubyan銀行は払込済み資本金が7億ドル(約754億円)を上回ることやもう一つのリップルのパートナーであるクウェート国立銀行(NBK)が主要株主として知られている。今回のパートナー締結の目的は「世界をリードする送金会社」RippleNetと協力し、銀行のスピードとセキュリティおよびデータの完全性をより確実にするためであると銀行の役員は説明した。リップルとBoubyan銀行の協定は現在、クウェート中央銀行の承認を待っている状態だ。参照元:<ins></ins>ロイ
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・