The 4th Pillar - 個人向けのブロックチェーンHRコネクトプラットフォーム

The 4th Pillar projectは、プライベートやパブリックセールによる資金提供のブロックチェーンの人的資源と資金のプラットフォームです。 Ethereumのブロックチェーンとテレポーテーションサービスに基づいて、プラットフォームはスマートコントラクト、ウォレット、IPFSプロトコルを利用して、個人とその雇用者が直面する日々の問題を解決します。

STO/ICO基本情報

ステータス
失敗
トークン記号
FOUR
開始日時
2018-10-15
終了日時
2018-10-31
調達金額
20,000,000 FOUR
最低目標
2,000,000 EUR
最高目標
12,000,000 EUR
初回価格
1 ETH = 7500 FOUR
トークン供給数
152,000,000
公式サイトへ Owner of The 4th Pillar ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率38%
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

The 4th Pillarプロジェクトは、個人および組織の部分的な非公開かつ部分的に公的セールス拠出による資金提供ブロックチェーンの人事と財務の接続プラットフォームです。 イーサリアムのブロックチェーンとテレポーテーションサービスに基づいて、プラットフォームはスマートコントラクト、財布、IPFSプロトコルを利用して、個人とその雇用者が経験する日々の問題を解決します。 たとえば、

(1)有効で自動化された非差別的評価システムを備えた従業員分散型専門データベース。

(2)高価な国際銀行の支払い、ボーナスの移転、および

(3)仕事関連のピア・ツー・ピア文書配布。 The 4th Pillarプラットフォームは、個人が認証されたプロフェッショナルなアイデンティティ、個人の分散型貯蓄と年金基金を構築できると同時に、組織が財務を最適化し、潜在的な従業員を雇用できる場所になります。

チーム すべてを見る

Tali Režun
Tali Režun
Co-founder, CE
Dušan Lazar
Dušan Lazar
Co-founder, COO
Roman Dobrina
Roman Dobrina
Co-founder, CFO
Jaka Gornik
Jaka Gornik
Co-founder, CMO
Denis Jazbec
Denis Jazbec
CITO
BORIS SAVIČ
BORIS SAVIČ
Smart contract development

人気STO/ICO記事

  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は
  • Coincheck、7月16日よりお客様情報の追加登録を実施 - 仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基く措置

    暗号資産取引所、Coincheck社は7/9日、午後13時頃公式ブログ及びツイッターを通じ、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基づき、2019年7月16日よりお客様情報の追加登録を実施することを公表した。<ins></ins>個人のお客様:2019年7月16日〜2019年8月29日 法人のお客様:2019年7月下旬以降1. 国籍や職業などの属性情報2. 資産に関する情報3. お取引に関する情報 など参照元:<ins></ins>・・・・・
  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部