The 4th Pillar - 個人向けのブロックチェーンHRコネクトプラットフォーム

The 4th Pillar projectは、プライベートやパブリックセールによる資金提供のブロックチェーンの人的資源と資金のプラットフォームです。 Ethereumのブロックチェーンとテレポーテーションサービスに基づいて、プラットフォームはスマートコントラクト、ウォレット、IPFSプロトコルを利用して、個人とその雇用者が直面する日々の問題を解決します。

ICO基本情報

ステータス
失敗
トークン記号
FOUR
開始日時
2018-10-15
終了日時
2018-10-31
調達金額
20,000,000 FOUR
最低目標
2,000,000 EUR
最高目標
12,000,000 EUR
初回価格
1 ETH = 7500 FOUR
トークン供給数
152,000,000
公式サイトへ Owner of The 4th Pillar ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率38%
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

The 4th Pillarプロジェクトは、個人および組織の部分的な非公開かつ部分的に公的セールス拠出による資金提供ブロックチェーンの人事と財務の接続プラットフォームです。 イーサリアムのブロックチェーンとテレポーテーションサービスに基づいて、プラットフォームはスマートコントラクト、財布、IPFSプロトコルを利用して、個人とその雇用者が経験する日々の問題を解決します。 たとえば、

(1)有効で自動化された非差別的評価システムを備えた従業員分散型専門データベース。

(2)高価な国際銀行の支払い、ボーナスの移転、および

(3)仕事関連のピア・ツー・ピア文書配布。 The 4th Pillarプラットフォームは、個人が認証されたプロフェッショナルなアイデンティティ、個人の分散型貯蓄と年金基金を構築できると同時に、組織が財務を最適化し、潜在的な従業員を雇用できる場所になります。

チーム すべてを見る

Tali Režun
Tali Režun
Co-founder, CE
Dušan Lazar
Dušan Lazar
Co-founder, COO
Roman Dobrina
Roman Dobrina
Co-founder, CFO
Jaka Gornik
Jaka Gornik
Co-founder, CMO
Denis Jazbec
Denis Jazbec
CITO
BORIS SAVIČ
BORIS SAVIČ
Smart contract development

人気ICO記事

  • Huobi(フォビ)の「成行注文」はココが違う!注文方法と手順を解説

    Huobi Japanは、世界で展開する大手仮想通貨企業Huobiが2019年1月にオープンした日本の取引所です。(フォビジャパン株式会社、 )Huobi Japanは金融庁に正式に登録されている仮想通貨交換業者で、2013年の本社(Huobi Global)設立以降培ってきた堅牢なセキュリティも特徴です。Huobi(フォビ)の取引プラットフォームには、売買したい価格を入力して注文する「指値(さしね)注文」と、希望価格を入力せずに注文する「成行(なりゆき)注文」の2つがあります。一長一短の注文方法ですが、次のような特徴があります。売買の成立を最優先したいときは成行注文、今より有利な価格で売買
  • ポートフォリオの使い方- 仮想通貨アプリ コイン相場

    いま、どこに、どの通貨を、いくら持っているのか、リアルタイムで確認する事が出来ます。仮想通貨の資産管理は、取引所やウォレットなど、保管場所が複数ある場合、管理が非常に煩わしいです。その点、コイン相場のポートフォリオ機能は便利です。【】・【】あるいは【】しておくと価格変動に合わせた資産をリアルタイムで確認できます。日本円で表示されない海外取引所を利用するときや散らばっている資産の管理がとても簡単にできる機能です。 まずは、仮想通貨ポートフォリオ機能が使えるアプリ、利用している取引所とAPIを連携しておくと全ての取引履歴や資産残高がコイン相場アプリでも自動更新されます。連携方法については
  • 【2019年最新版】サラリーマンにおすすめの副業16選!会社員は隙間時間に賢く稼ぐ

    まだ、副業をしていないサラリーマンは危険信号です。もしあなたが一つの会社の収入のみに頼っているのであれば、このブログで紹介するに青ざめるかもしれません。一方でピンチはチャンスと言いまして、とも言えます。このブログが、日本の悩めるサラリーマンの参考になりますと幸いです。サラリーマンのは2017年で432万円です。リーマンショック以降やや回復傾向にはありますが、とはいえの状況であり、今後平均給与が大きく上がるとは考えづらいです。また、会社で給与が1万円しか上がらなかった(あるいは)なんて経験をしている人は多いのではないでしょうか。それもそのはず、終身雇用型の給与形態をとっている会社では