TANZŌ - ブロックチェーンソーシャルマーケットプレイス

TANZŌは手作り品のソーシャルマーケットであり、製作者が保護され、職人技が保証されています。 TANZOの分散型元帳技術は、プラットフォーム内の透明性を確保し、買い手や売り手にとって可能な限りオープンで安全なものにします。TANZOの主な目標は、完全に分散されたトラストシステムを基盤とした、同期化されたソーシャルプラットフォームになることです。これにより、特定のトランザクションに関与するすべての関係者が平等に保護されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TZO
開始日時
2019-01-10
終了日時
2019-02-10
最低目標
3,500,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
0.0600 USD
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of TANZŌ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率68%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    TANZOのブロックチェーンに基づくアイデンティティ検証プロセスにより、真の製作者の手作り品しかをプラットフォーム上で販売されません。 また、潜在的なバイヤーには、すべての商品が実際に販売する製作者によって手作りであることが保証されています。

    仮想通貨に慣れていないかもしれない顧客のためにアイテムは相当する法定通貨で価格設定されます。 ただし、TANOは、引き出し手数料を引き下げたり完全に取り除いたり、特別な成果に対する報酬としてボーナスTZOトークンを出すことによって、取引のデフォルト通貨としてTZOトークンを使用するようにユーザーにインセンティブを与えます。

    チーム すべてを見る

    Georgi Manchorov
    Georgi Manchorov
    Co-Founder & CEO
    Vassil Guenov
    Vassil Guenov
    Co-Founder & CTO
    Svetoslav Georgiev
    Svetoslav Georgiev
    Business Development
    George Koynov
    George Koynov
    Content Manager
    Nikolay Fenixov
    Nikolay Fenixov
    Graphic & Web Designer
    Rossitsa Kostova
    Rossitsa Kostova
    Platform Lead

    人気STO/ICO記事

    • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

      暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
    • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

      暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
    • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

      海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し