WINBIX - 販売用の新しいチャネルを作る

WINBIXシステムは、売り手が最大限の効率で製品を販売し、買い手が適正な価格で購入することを可能にする新しい販売チャネルを作成するように設計されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
WBX
開始日時
2019-04-24
終了日時
2020-09-28
初回価格
0.0526 USD
トークン供給数
25,000,000
公式サイトへ Owner of WINBIX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

WINBIXシステム(以下、システム)は、売り手が最大限の効率で製品を販売し、買い手が適正な価格で購入することを可能にする新しい販売チャネルを作るように設計されています。    システムの運営はオランダオークションの原則に基づいています。 製品が販売されるまで、またはストッププライスレベルに達するまで、製品価格が絶えず下がります。    システム機能には以下が含まれます(一部のリバースオークション機能がプロジェクトの知的財産を構成することに注意してください)。 各ロットあたりの最低価格は、売り手によって設定された最低価格コリドーに従ってランダムに決定されます。 ロットごとの最低価格は異なり、その値は購入者にはわかりません。    値下げの増分は、前の値段と終値の範囲内でランダムに決定されます。したがって、その後の各価格値は購入者には不明のままです。    在庫残高は買い手には利用できません、各ロット(アイテム)は最後のものかもしれません。    買い手は、システムが買い手に通知する価格を設定できます。この情報は売り手に利用可能であり、異なる価格レベルで需要を予測する機会を提供します。    値下げの時間間隔は、すべての商品に対して販売者によって設定されます。    売り手の販売費用と提供されるサービスの品質の間には、直接的な相関関係があります。    売り手の見積を作成し、承認された場合は希望の価格で製品を購入する機会。    売り手、買い手およびシステムを含む仲裁による紛争の解決。    投資家の最大限の保護を可能にするDAICOのパフォーマンス。    買い戻すスマートコントラクトによる固定価格でのトークンの買い戻しと破棄。    個人用WBXトークン(ERC-20)の発行

セキュリティスマートコントラクト(Ethereumセキュリティユニット)の作成と資金調達。

チーム すべてを見る

Generalov Alexey
Generalov Alexey
Co-Founder Chief Executive Officer
Krasnianskii Evgenii
Krasnianskii Evgenii
Chief Marketing Officer
Li Roman
Li Roman
Co-Founder Investor
Volkov Konstantin
Volkov Konstantin
Co-Founder Chief Technical Officer
Vinogradov Stanislav
Vinogradov Stanislav
Lead Developer
Dezhurko Mikhail Fullstack Web
Dezhurko Mikhail Fullstack Web
Developer Smart Contract Developer

人気STO/ICO記事

  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー