WINBIX - 販売用の新しいチャネルを作る

WINBIXシステムは、売り手が最大限の効率で製品を販売し、買い手が適正な価格で購入することを可能にする新しい販売チャネルを作成するように設計されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
WBX
開始日時
2019-04-24
終了日時
2020-09-28
初回価格
0.0526 USD
トークン供給数
25,000,000
公式サイトへ Owner of WINBIX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

WINBIXシステム(以下、システム)は、売り手が最大限の効率で製品を販売し、買い手が適正な価格で購入することを可能にする新しい販売チャネルを作るように設計されています。    システムの運営はオランダオークションの原則に基づいています。 製品が販売されるまで、またはストッププライスレベルに達するまで、製品価格が絶えず下がります。    システム機能には以下が含まれます(一部のリバースオークション機能がプロジェクトの知的財産を構成することに注意してください)。 各ロットあたりの最低価格は、売り手によって設定された最低価格コリドーに従ってランダムに決定されます。 ロットごとの最低価格は異なり、その値は購入者にはわかりません。    値下げの増分は、前の値段と終値の範囲内でランダムに決定されます。したがって、その後の各価格値は購入者には不明のままです。    在庫残高は買い手には利用できません、各ロット(アイテム)は最後のものかもしれません。    買い手は、システムが買い手に通知する価格を設定できます。この情報は売り手に利用可能であり、異なる価格レベルで需要を予測する機会を提供します。    値下げの時間間隔は、すべての商品に対して販売者によって設定されます。    売り手の販売費用と提供されるサービスの品質の間には、直接的な相関関係があります。    売り手の見積を作成し、承認された場合は希望の価格で製品を購入する機会。    売り手、買い手およびシステムを含む仲裁による紛争の解決。    投資家の最大限の保護を可能にするDAICOのパフォーマンス。    買い戻すスマートコントラクトによる固定価格でのトークンの買い戻しと破棄。    個人用WBXトークン(ERC-20)の発行

セキュリティスマートコントラクト(Ethereumセキュリティユニット)の作成と資金調達。

チーム すべてを見る

Generalov Alexey
Generalov Alexey
Co-Founder Chief Executive Officer
Krasnianskii Evgenii
Krasnianskii Evgenii
Chief Marketing Officer
Li Roman
Li Roman
Co-Founder Investor
Volkov Konstantin
Volkov Konstantin
Co-Founder Chief Technical Officer
Vinogradov Stanislav
Vinogradov Stanislav
Lead Developer
Dezhurko Mikhail Fullstack Web
Dezhurko Mikhail Fullstack Web
Developer Smart Contract Developer

人気STO/ICO記事

  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • 韓国のIT業界4名、不特定の人事担当者のPCに侵入しMoneroをマイニング・・懲役が下される

    韓国の現地メディアKBSによると、IT業界で働いていた4名が2017年10月から12月までの2か月にわたり、韓国企業の人事担当者のPCに侵入し、時価総額10位のモネロをマイニングした疑いで逮捕された。フリーランスプログラマー、ショッピングモールを運営している4名は、2017年9月、注目を浴びていた仮想通貨を利用し、情報通信技術の盲点を狙い犯行を行った。仮想通貨で金銭的な利益を得るには、マイニングをするか、取引で利益を得る2つの方法がある。彼らはこの中で、マイニングを選んだ。通常マイニングを事業化するには、数百台のパソコンを用意する必要があるが、彼らはインターネットに接続された不特定多数のPCに
  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており