KEYRPTO - ブロックチェーンベースのeコマースプラットフォーム

これはシンプルで仮想通貨の所有者が必要とするプラットフォームです。 私たちは、中小企業や個人が商品やサービスを購入または販売できるプラットフォームを構築しようとしています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
KYT
開始日時
2018-03-25
終了日時
2018-04-27
初回価格
1 KYT = 0.01 USD
トークン供給数
510,000,000
公式サイトへ Owner of KEYRPTO?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率51%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

KEYRPTOは、単純なアイデアから始まりました。なぜ中小企業や個人が主なcryptocurrencyに対抗製品やサービスを販売できるようにするブロックチェーンベースの電子商取引プラットフォームを作成することができないか?

KEYRPTOは仮想通貨を使用して製品を交換するために、売り手と買い手の間に媒体を作成し、全体の支払の保護を提供し、製品/サービスを第三者アジャスターで提供することにより、詐欺、詐欺の危険性を最小限に抑えます。

KEYRPTOを使用する販売者(商人または個人)は、ブランドを紹介して潜在的な顧客との接続で、最終的に主要な仮想通貨を使用して、製品やサービスを販売するオンラインストアを持っています。

KEYRPTOを使用する購入者は、上場された製品/サービスを検索して、販売店での取引を開始することができます。私たちは、あなたが支払った金額を受領し、満足することを確認するまで、私たちのプラットフォームで支払を受領しエスクローに保管することです。この問題が発生した場合、売り手に支払いを支給します。

チーム

Shafraz Nasser
Shafraz Nasser
TECHNICAL ADVISOR
Thibault Launay
Thibault Launay
ADVISOR
Romain Girbal
Romain Girbal
ADVISOR
Osama Morad
Osama Morad
FOUNDER
Masaud Faisal
Masaud Faisal
CHIEF TECHNOLOGY OFFICER
Mohamed Samir
Mohamed Samir
DIGITAL MARKETING MANAGER

人気STO/ICO記事

  • 【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!取引所診断ツールをコイン相場がリリース

    早速試してみたい方はから仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っているのか自信がありますか?Googleで検索して、色んな記事を読んで比較してもどこが自分にあっているのか、どこがいいのか、さっぱり分からない。。取引所関連の記事はいっぱいあるけれど、アフィリエイト報酬が高い順で並んでいるだけという事も多いですよね。判断に困る、比較するのが手間だという方々のために国内最大の仮想通貨アプリ、コイ
  • BitMEXのBTC/USDペアー名称変更について

    いつもコイン相場をご利用いただき、誠にありがとうございます。最近、コイン相場アプリ内でBitMEXのチャートが表示されないというお問合せがたくさん届いています。既存のBitMEX取引所にあるBTC/USDペアーはアップデート後、XBT/USDに変更されましたのでBTC/USDペアーを登録していたユーザー様は「XBT/USD」ペアーを再度登録をお願いいたします。また、以下のスクリーンショットを見ると分かりますが、現在XBT/USDの表示にUSDが重複されている状況です。この部分は、正しく修正して参りますのでひとまずXBTUSD/USDでご利用をお願いいたします。もともと、アプリ内でBitMEX取
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)