KEYRPTO - ブロックチェーンベースのeコマースプラットフォーム

これはシンプルで仮想通貨の所有者が必要とするプラットフォームです。 私たちは、中小企業や個人が商品やサービスを購入または販売できるプラットフォームを構築しようとしています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
KYT
開始日時
2018-03-25
終了日時
2018-04-27
初回価格
1 KYT = 0.01 USD
トークン供給数
510,000,000
公式サイトへ Owner of KEYRPTO?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率51%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

KEYRPTOは、単純なアイデアから始まりました。なぜ中小企業や個人が主なcryptocurrencyに対抗製品やサービスを販売できるようにするブロックチェーンベースの電子商取引プラットフォームを作成することができないか?

KEYRPTOは仮想通貨を使用して製品を交換するために、売り手と買い手の間に媒体を作成し、全体の支払の保護を提供し、製品/サービスを第三者アジャスターで提供することにより、詐欺、詐欺の危険性を最小限に抑えます。

KEYRPTOを使用する販売者(商人または個人)は、ブランドを紹介して潜在的な顧客との接続で、最終的に主要な仮想通貨を使用して、製品やサービスを販売するオンラインストアを持っています。

KEYRPTOを使用する購入者は、上場された製品/サービスを検索して、販売店での取引を開始することができます。私たちは、あなたが支払った金額を受領し、満足することを確認するまで、私たちのプラットフォームで支払を受領しエスクローに保管することです。この問題が発生した場合、売り手に支払いを支給します。

チーム

Shafraz Nasser
Shafraz Nasser
TECHNICAL ADVISOR
Thibault Launay
Thibault Launay
ADVISOR
Romain Girbal
Romain Girbal
ADVISOR
Osama Morad
Osama Morad
FOUNDER
Masaud Faisal
Masaud Faisal
CHIEF TECHNOLOGY OFFICER
Mohamed Samir
Mohamed Samir
DIGITAL MARKETING MANAGER

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常