StableCoins by Platinum Q DAO Engineering - Platinum Q DAO Engineeringによるステーブルコイン

Platinum Q DAO Engineeringは、完全分散型ステーブルコインのファミリーを開発しました。トークンには2つのタイプがあります。それは、国の通貨にペッグされているビットコインの担保(USDQコイン、2番目のKRWQコイン、およびCNYQとJPYQが間もなく発行される予定です)、および手数料を支払うためのガバナンスQ DAOコインです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
QDAO Governance token v1.0/QDAO
開始日時
2019-07-01
終了日時
2019-07-01
初回価格
1.0000 USD
トークン供給数
509,999
公式サイトへ Owner of StableCoins by Platinum Q DAO Engineering?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率49%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

USDQのステーブルコインの生態系

ステーブルコインの生態系は、いくつかの重要な要素で構成されています。

取引所でUSDQを購入する機会

生態系の最初の要素は取引所です。

USDQは1 USDQ対1ドルの価格で流通市場で交換し、トレーダーは他のものと同様にこのコインと相互作用します。 取引所でUSDQを購入するのがステーブルコインを取得する最初の方法です。

チーム すべてを見る

i-Chan Huang
i-Chan Huang
Chief Strategy Officer Taiwan
JiJun Kim
JiJun Kim
Korean Community Development Korea
Eddie Argueta
Eddie Argueta
Head of Communications Brazil
Jitendra Rathod
Jitendra Rathod
Marketing manager UAE
Martin Saldamando
Martin Saldamando
Strategic Partnerships United States
Howard H. Kim
Howard H. Kim
Blockchain evangelist Singapore

人気STO/ICO記事

  • ステーキングサービス「Sanka Network」 by HashHub

     HashHubが運営するPoSの保有報酬を受け取る手続きをするためのプラットフォームです。Sanka Netowrkはユーザーの資産を預かることはせず、ユーザーは自身のウォレットで資産を管理しながら報酬を得られます。今後、コイン相場アプリ内にも各通貨のウォレットを実装、Sanka Networkへ簡単に使える、モバイルクライアントとなる予定です。cosmosvaloper1uyt0yuv7cz7ppwefl9ths336ln7ysvg2jlj76t tz1PYF2Fcqk7YjZGquNy8bFznhCLhyi9PpVzsanka
  • 【7/13】世界ニュースまとめ - 財務省・金融庁・日銀がリブラの連絡会を設置か、個人情報流出のFacebookに制裁金5,400億円、バイナンスCEO「個人投資家の比率6割以上」、相場の主導は個人投資家

    暗号資産専門メディアCoinpostの報道で財務省・金融庁・日銀が共同で「リブラ」に関する連絡会を設置したことが分かった。リブラは20億人のFacebookユーザーを中心に急激な普及が予想されるが、マネーロンダリングや既存の金融システムに影響などの不透明な部分が多いため、必要に応じ会合を開き、対策などのさまざまな論点について議論する予定だ。参照元:<ins></ins>ブルームバーグによると13日(現地時間)バイナンスCEOは同メディアとのインタビューで、「今年の仮想通貨の価格上昇は機関投資家の参入の結果だという見方もあるが、バイナンスの取引高は約60%が個人投資家によるものだ」と述べ、ビッ
  • 【7/16】世界ニュースまとめ - BinanceがKRWベースのステーブルコイン発行可能性、Bitmain社、マイニングマシンのメンテナンス認定コースを正式にリリースなど

    ブロックチェーンメディアCoindesk Koreaが世界最大暗号資産取引所バイナンスが正式に韓国市場に進出する予定であると16日報道した。また、この報道と同時に、韓国現地通貨であるウォンでのステーブルコインの発行も予想されると報じた。同メディアによるとバイナンスは「Binance LLC」という商号で5月16日、韓国で登記を済ませた。Binance LLCの理事はブロックチェーンフィンテック企業の(BXB Inc.)のカン・ジホ氏でBXB社は韓国で最初にステーブルコインを発行した企業。こういった背景のある企業との協業が予想されることやバイナンスのCFOが以前、ほかの法定通貨と連動されたステー