SPORTX - ブロックチェーンに基づいてデジタルスポーツ資産を発行し取引するプラットフォーム

SportXはブロックチェーン技術及びスマートコントラクトによって、透明で、量化できるスポーツ利権資産を築くことに取り組んでいます。そのため、非集中的、効率的で、信頼性のある、発行と取引のための環境を作っており、スポーツ選手からファンまでが參加しやすくなり、スポーツの商業的価値の効率的移転が実現するように取り組んでいます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
SOX
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of SPORTX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

SportXは國際スポーツ市場の運営において経験豊かな選手エージェント及び弁護士チームによって起され、運営されています。SportXは革命的なブロックチェーン技術によってスポーツ産業固有の障壁を打ち破り、より開放的、効率的、透明性の高いスポーツエコシステムを構築し、ファンとIP資産の価値の最大化を図ることを旨としています。

透明性と公開されたデータ

代理人獨佔が打ち破られ、誰でも參加できます。透明な取引履歴と取引規模によって、真の価値が現われます。

効率的で信用できる

従來実行中のわずらわしい審査にかわり、ブロックチェーンのコンセンサスメカニズムに基づき、商業的価値の移転を加速します。

非集中化

すべての情報が確実に、永久に記録され、成績の偽造や虛偽の広報に別れを告げ、固有中心による腐敗を防止します。

大量のIP

豊かな専門市場の運営経験、數多くのスター選手とクラブの権利、経験豊かなチームの検査による知的財産品質の保証。

豊富な権利

SOXトークンは、各種記念品、スター選手との面會、ボックス席での観戦、チャリティマッチなど多くの権利の購入に使用できます。

プロフェッショナル&順法

國際スポーツに経験豊かな顧問弁護士チームを有しており、政策法規における參加者の合理的権利を確保します。

チーム

MCCOY LEE
MCCOY LEE
CEO
ANSWER WANG
ANSWER WANG
CO Founder
DANIEL AVELLANEDA
DANIEL AVELLANEDA
CMO

人気STO/ICO記事

  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし
  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi