SPORTX - ブロックチェーンに基づいてデジタルスポーツ資産を発行し取引するプラットフォーム

SportXはブロックチェーン技術及びスマートコントラクトによって、透明で、量化できるスポーツ利権資産を築くことに取り組んでいます。そのため、非集中的、効率的で、信頼性のある、発行と取引のための環境を作っており、スポーツ選手からファンまでが參加しやすくなり、スポーツの商業的価値の効率的移転が実現するように取り組んでいます。

ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
SOX
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of SPORTX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

SportXは國際スポーツ市場の運営において経験豊かな選手エージェント及び弁護士チームによって起され、運営されています。SportXは革命的なブロックチェーン技術によってスポーツ産業固有の障壁を打ち破り、より開放的、効率的、透明性の高いスポーツエコシステムを構築し、ファンとIP資産の価値の最大化を図ることを旨としています。

透明性と公開されたデータ

代理人獨佔が打ち破られ、誰でも參加できます。透明な取引履歴と取引規模によって、真の価値が現われます。

効率的で信用できる

従來実行中のわずらわしい審査にかわり、ブロックチェーンのコンセンサスメカニズムに基づき、商業的価値の移転を加速します。

非集中化

すべての情報が確実に、永久に記録され、成績の偽造や虛偽の広報に別れを告げ、固有中心による腐敗を防止します。

大量のIP

豊かな専門市場の運営経験、數多くのスター選手とクラブの権利、経験豊かなチームの検査による知的財産品質の保証。

豊富な権利

SOXトークンは、各種記念品、スター選手との面會、ボックス席での観戦、チャリティマッチなど多くの権利の購入に使用できます。

プロフェッショナル&順法

國際スポーツに経験豊かな顧問弁護士チームを有しており、政策法規における參加者の合理的権利を確保します。

チーム

MCCOY LEE
MCCOY LEE
CEO
ANSWER WANG
ANSWER WANG
CO Founder
DANIEL AVELLANEDA
DANIEL AVELLANEDA
CMO

人気ICO記事

  • 【ポイ活の始め方】人気ポイントサイト「げん玉」の登録方法を解説!

    げん玉とは会員数440万人を誇る、老舗のポイントサイトです。げん玉を経由してネットサービスを利用すると、お得なポイントが獲得できるので、や、として今(でポイントを稼ぐ活動)が話題になっています。(最近は、高校生のお小遣い稼ぎ方法としても当たり前になっているのだとか)は元々は、が運営していたでしたが、子会社のに事業が受け継がれています。因みに、げん玉に登録するということはRWS(リアルワールドサービス)のIDを取得することになりますので、ようになります。尚、当ページはを具体的に紹介していくトリセツ的なものになりますので、げん玉の詳細を知りたい方は以下の記事をご参照ください。▶
  • 仮想通貨FX取引に最適!GMOコイン取引所の解説から登録まで完全ガイド - マイナス手数料!?

    GMOコインはGMOインターネット株式会社が運営している仮想通貨取引所です。は1991年5月24日に設立され、インターネットインフラ事業を始めインターネット広告・メディア事業、インターネット金融事業、仮想通貨事業を展開している日本の大手企業です。2017年春より仮想通貨取引のサービスを開始し、その後は2019年には、ペイメント事業に進出すると発表しています。 ◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢  ◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢・・・・・GMOコインでは販売所・取引所・レバレッジ取引すべてができる取引所です。販売所ではユーザー同士で売買を行うのではなく、販売元の取引所と売買することになります。相場
  • Huobi(フォビ)の「成行注文」はココが違う!注文方法と手順を解説

    Huobi Japanは、世界で展開する大手仮想通貨企業Huobiが2019年1月にオープンした日本の取引所です。(フォビジャパン株式会社、 )Huobi Japanは金融庁に正式に登録されている仮想通貨交換業者で、2013年の本社(Huobi Global)設立以降培ってきた堅牢なセキュリティも特徴です。Huobi(フォビ)の取引プラットフォームには、売買したい価格を入力して注文する「指値(さしね)注文」と、希望価格を入力せずに注文する「成行(なりゆき)注文」の2つがあります。一長一短の注文方法ですが、次のような特徴があります。売買の成立を最優先したいときは成行注文、今より有利な価格で売買