SPORTX - ブロックチェーンに基づいてデジタルスポーツ資産を発行し取引するプラットフォーム

SportXはブロックチェーン技術及びスマートコントラクトによって、透明で、量化できるスポーツ利権資産を築くことに取り組んでいます。そのため、非集中的、効率的で、信頼性のある、発行と取引のための環境を作っており、スポーツ選手からファンまでが參加しやすくなり、スポーツの商業的価値の効率的移転が実現するように取り組んでいます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
SOX
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of SPORTX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

SportXは國際スポーツ市場の運営において経験豊かな選手エージェント及び弁護士チームによって起され、運営されています。SportXは革命的なブロックチェーン技術によってスポーツ産業固有の障壁を打ち破り、より開放的、効率的、透明性の高いスポーツエコシステムを構築し、ファンとIP資産の価値の最大化を図ることを旨としています。

透明性と公開されたデータ

代理人獨佔が打ち破られ、誰でも參加できます。透明な取引履歴と取引規模によって、真の価値が現われます。

効率的で信用できる

従來実行中のわずらわしい審査にかわり、ブロックチェーンのコンセンサスメカニズムに基づき、商業的価値の移転を加速します。

非集中化

すべての情報が確実に、永久に記録され、成績の偽造や虛偽の広報に別れを告げ、固有中心による腐敗を防止します。

大量のIP

豊かな専門市場の運営経験、數多くのスター選手とクラブの権利、経験豊かなチームの検査による知的財産品質の保証。

豊富な権利

SOXトークンは、各種記念品、スター選手との面會、ボックス席での観戦、チャリティマッチなど多くの権利の購入に使用できます。

プロフェッショナル&順法

國際スポーツに経験豊かな顧問弁護士チームを有しており、政策法規における參加者の合理的権利を確保します。

チーム

MCCOY LEE
MCCOY LEE
CEO
ANSWER WANG
ANSWER WANG
CO Founder
DANIEL AVELLANEDA
DANIEL AVELLANEDA
CMO

人気STO/ICO記事

  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • 【中級・上級者向け】仮想通貨トレードの機会損失を防ぐ「Proアラート」リリース

    仮想通貨アプリ・コイン相場がついに有料会員制度・プレミアム会員をリリースしました!その中でも一番の目玉の機能はです。Proアラートとは、簡単にいうと価格アラートの上位互換版です。これまでの価格変動アラートに加えて、やを、コイン相場のPUSH通知でユーザーの皆様にお知らせする機能です。常にチャートに張り付いてトレードをしている方でも、多くの通貨ペアを同時に追い続けるの、苦しく無いですか?その点、Proアラートでは対応している取引所の全ての通貨ペアの分析をし、重要な局面の時だけ、ユーザーに教えてくれます。Proアラートがあれば、、、これで、これまで取りこぼしていたチャンスも、拾うことができた
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7