SPORTX - ブロックチェーンに基づいてデジタルスポーツ資産を発行し取引するプラットフォーム

SportXはブロックチェーン技術及びスマートコントラクトによって、透明で、量化できるスポーツ利権資産を築くことに取り組んでいます。そのため、非集中的、効率的で、信頼性のある、発行と取引のための環境を作っており、スポーツ選手からファンまでが參加しやすくなり、スポーツの商業的価値の効率的移転が実現するように取り組んでいます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
SOX
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of SPORTX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

SportXは國際スポーツ市場の運営において経験豊かな選手エージェント及び弁護士チームによって起され、運営されています。SportXは革命的なブロックチェーン技術によってスポーツ産業固有の障壁を打ち破り、より開放的、効率的、透明性の高いスポーツエコシステムを構築し、ファンとIP資産の価値の最大化を図ることを旨としています。

透明性と公開されたデータ

代理人獨佔が打ち破られ、誰でも參加できます。透明な取引履歴と取引規模によって、真の価値が現われます。

効率的で信用できる

従來実行中のわずらわしい審査にかわり、ブロックチェーンのコンセンサスメカニズムに基づき、商業的価値の移転を加速します。

非集中化

すべての情報が確実に、永久に記録され、成績の偽造や虛偽の広報に別れを告げ、固有中心による腐敗を防止します。

大量のIP

豊かな専門市場の運営経験、數多くのスター選手とクラブの権利、経験豊かなチームの検査による知的財産品質の保証。

豊富な権利

SOXトークンは、各種記念品、スター選手との面會、ボックス席での観戦、チャリティマッチなど多くの権利の購入に使用できます。

プロフェッショナル&順法

國際スポーツに経験豊かな顧問弁護士チームを有しており、政策法規における參加者の合理的権利を確保します。

チーム

MCCOY LEE
MCCOY LEE
CEO
ANSWER WANG
ANSWER WANG
CO Founder
DANIEL AVELLANEDA
DANIEL AVELLANEDA
CMO

人気STO/ICO記事

  • コイン相場アプリで仮想通貨をウォッチリストに追加する方法3つ

    コイン相場ユーザーの皆様、コイン相場のウォッチリストから仮想通貨を追加する方法が3つもあるということをご存知ですか?気になる仮想通貨をどういった方法で追加するかはユーザー様次第ですが、状況によって効率よく追加する方法を考え、追加を簡単にお試しください。コイン追加・削除(編集)の画面で編集していたけど、追加したい仮想通貨がある場合は以下のような手順で簡単に追加できます。<ins></ins>ウォッチリストを見ていた際に、追加したい仮想通貨がある場合は以下の手順が効率がいいですのでお試しください。<ins></ins>銘柄の名前を覚えていないが確かにあの取引所にあったな見たらすぐ思い出せると思った
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他