Spokkz - コミュニティー駆動の映画およびテレビ ブロックチェーン・エコシステム

Spokkzはブロック技術を利用して、映画愛好家が広告主、芸能人、コンテンツクリエイター、および商人をステークホルダーとして参加させる分散型エコシステムと市場を作り、約2兆ドルの従来なメディア業界を破壊します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SPKZ
開始日時
2018-06-28
終了日時
2018-10-15
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
12,000,000 USD
初回価格
1 SPKZ = 0.08 USD
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of Spokkz?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 28 Jun - 15 July - 80%-100%
  • 16 - 29 July - 60%-80%
  • 30 July - 12 Aug - 40%-60%
  • 13 Aug - 26 Aug - 20%-40%
  • 27 Aug - 9 Sep - 10%-20%

概要

SPOKKZは視聴者に分散的エコシステムおよび市場に対するアクセスを供与することによってどのようなコンテンツがうまくいくのか、またどんな価格で、を彼らに決めさせています。クラウドファンディングおよび映画とテレビ番組をプロモートするのを支援することにより、視聴者のコミュニティーは同等の利害関係者としてプロデューサー、コンテンツ・クリエーター、販売業者、スターおよび広告主に加わります。

SPOKKZトークンはコンテンツ作成、配信および収益化から摩擦を取り除き、ファンやクリエイターが共同制作者になれるようにします。

獲得するための参加

映画およびテレビ番組を評価、共有および精査してエコシステムからSPOKKZトークンを獲得します。

ストリーム、ショップ、切り替え

トークンを使って、高品質コンテンツをストリームする、パートナー店舗でショッピングする、またはSPOKKZをBTC/ETHに変換することができます。

プロデューサーになる

ブロックチェーンによりシームレスに映画およびテレビシリーズをクラウドファンディングします。

つながる、一員になる

一流の世界的なエンタテインメントコミュニティーの一員になってください。

チーム すべてを見る

Mukkatira Ganapathy Subaiah [Subin Subaiah]
Mukkatira Ganapathy Subaiah [Subin Subaiah]
CEO & Co-Founder Spuul
S Mohan
S Mohan
COO & Co-Founder Spuul
Rajiv Vaidya
Rajiv Vaidya
CEO, Spuul India
Krishanu Singhal
Krishanu Singhal
CFO, Spuul
D Girish
D Girish
Head of Content
Sudarshan Sharma
Sudarshan Sharma
Head of Business Dev, Spuul India

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )