Spokkz - コミュニティー駆動の映画およびテレビ ブロックチェーン・エコシステム

Spokkzはブロック技術を利用して、映画愛好家が広告主、芸能人、コンテンツクリエイター、および商人をステークホルダーとして参加させる分散型エコシステムと市場を作り、約2兆ドルの従来なメディア業界を破壊します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SPKZ
開始日時
2018-06-28
終了日時
2018-10-15
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
12,000,000 USD
初回価格
1 SPKZ = 0.08 USD
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of Spokkz?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 28 Jun - 15 July - 80%-100%
  • 16 - 29 July - 60%-80%
  • 30 July - 12 Aug - 40%-60%
  • 13 Aug - 26 Aug - 20%-40%
  • 27 Aug - 9 Sep - 10%-20%

概要

SPOKKZは視聴者に分散的エコシステムおよび市場に対するアクセスを供与することによってどのようなコンテンツがうまくいくのか、またどんな価格で、を彼らに決めさせています。クラウドファンディングおよび映画とテレビ番組をプロモートするのを支援することにより、視聴者のコミュニティーは同等の利害関係者としてプロデューサー、コンテンツ・クリエーター、販売業者、スターおよび広告主に加わります。

SPOKKZトークンはコンテンツ作成、配信および収益化から摩擦を取り除き、ファンやクリエイターが共同制作者になれるようにします。

獲得するための参加

映画およびテレビ番組を評価、共有および精査してエコシステムからSPOKKZトークンを獲得します。

ストリーム、ショップ、切り替え

トークンを使って、高品質コンテンツをストリームする、パートナー店舗でショッピングする、またはSPOKKZをBTC/ETHに変換することができます。

プロデューサーになる

ブロックチェーンによりシームレスに映画およびテレビシリーズをクラウドファンディングします。

つながる、一員になる

一流の世界的なエンタテインメントコミュニティーの一員になってください。

チーム すべてを見る

Mukkatira Ganapathy Subaiah [Subin Subaiah]
Mukkatira Ganapathy Subaiah [Subin Subaiah]
CEO & Co-Founder Spuul
S Mohan
S Mohan
COO & Co-Founder Spuul
Rajiv Vaidya
Rajiv Vaidya
CEO, Spuul India
Krishanu Singhal
Krishanu Singhal
CFO, Spuul
D Girish
D Girish
Head of Content
Sudarshan Sharma
Sudarshan Sharma
Head of Business Dev, Spuul India

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ