SONM - ネットワークマイニングで組み立てられたスーパーコンピュータ

SONMは、サイトホスティングから科学計算まで、あらゆる汎用コンピューティングのための世界規模の分散型フォグコンピュータです。SONMプロジェクトの目的はブロックチェーンコミュニティを支配するハッシュベースの従来の仮想通貨マイニングを置き換えることです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SNM
開始日時
2017-06-15
終了日時
2017-06-19
調達金額
236,880 ETH
最高目標
273,399 ETH
トークン供給数
165,680,000
公式サイトへ Owner of SONM?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨Others, ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

SONMの安全かつ安価なフォグスーパーコンピューターは、モバイルアプリケーションホスティングからビデオレンダリング、DNA分析まで、汎用コンピューティング向けに設計されています。世界中のマイナーはアイドル状態のコンピューターパワーを活用してSONMネットワークの一分になることができます。

SONM社は世界的な問題を解決する効果的な方法であり、非中央集権化された多目的分散型コンピューティングマーケットを創出しています。広く普及している集中型クライドサービスとは異なり、SONMプロジェクトは、分散型のデバイスプールであり、すべてがインターネット(IoT/Internet of Everything)に接続されたフォグコンピューティング構造を実装しています。IoT/IoEは世界で利用可能なコンピューティングの重要な部分であり、SONMプロジェクトの主要な方向性の1つです。

SONMフォグコンピューティングプラットフォームはソロマイニングの新たな始まりです。GPUマイニングファームには多くのマイナーがありますが、プルーフオブワークマイニングディフィカリティ(あるとコインの場合でも)の増大により、その多くが無駄になっています。近年、マイニングプールの一分になることはマイニングで利益を保証する唯一の方法でしたが、その過程においても利益は非常に少なく、PoWマイニングに費やされる電力のコストをカバーできないことがしばしばありました。

SONMを利用するとPoWマイニング用の電力消費を止め、ネットワーク内全員のカリキュレーションが開始されます。ディフィカルティボムまたはイーサリウム(そしてその他) PoS移行 - 各マイナーはそのハードウェアにとって最も収益性の高いアプリケーションとタスクを提案します。CPU、GPU、 ASIC、更にはゲーム機やスマートフォンも、SONMフォグコンピューティングに利用できます。ただマイニングクライアントアプリケーションをセットアップして実行するだけです。

チーム すべてを見る

Sergey Ponomarev
Sergey Ponomarev
CEO and Founder
Anton Tiurin
Anton Tiurin
Lead P2P and PaaS Technology Developer
Max Kordek
Max Kordek
Advisor
Alexey Antonov
Alexey Antonov
Marketing and Financial Advisor
Jaron Lukasiewicz
Jaron Lukasiewicz
Advisor
Reuben Godfrey
Reuben Godfrey
Business developer in Atlantic Region

人気STO/ICO記事

  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ