SONM - ネットワークマイニングで組み立てられたスーパーコンピュータ

SONMは、サイトホスティングから科学計算まで、あらゆる汎用コンピューティングのための世界規模の分散型フォグコンピュータです。SONMプロジェクトの目的はブロックチェーンコミュニティを支配するハッシュベースの従来の仮想通貨マイニングを置き換えることです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SNM
開始日時
2017-06-15
終了日時
2017-06-19
調達金額
173,376 ETH
最高目標
273,399 ETH
トークン供給数
165,680,000
公式サイトへ Owner of SONM?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨Others, ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

SONMの安全かつ安価なフォグスーパーコンピューターは、モバイルアプリケーションホスティングからビデオレンダリング、DNA分析まで、汎用コンピューティング向けに設計されています。世界中のマイナーはアイドル状態のコンピューターパワーを活用してSONMネットワークの一分になることができます。

SONM社は世界的な問題を解決する効果的な方法であり、非中央集権化された多目的分散型コンピューティングマーケットを創出しています。広く普及している集中型クライドサービスとは異なり、SONMプロジェクトは、分散型のデバイスプールであり、すべてがインターネット(IoT/Internet of Everything)に接続されたフォグコンピューティング構造を実装しています。IoT/IoEは世界で利用可能なコンピューティングの重要な部分であり、SONMプロジェクトの主要な方向性の1つです。

SONMフォグコンピューティングプラットフォームはソロマイニングの新たな始まりです。GPUマイニングファームには多くのマイナーがありますが、プルーフオブワークマイニングディフィカリティ(あるとコインの場合でも)の増大により、その多くが無駄になっています。近年、マイニングプールの一分になることはマイニングで利益を保証する唯一の方法でしたが、その過程においても利益は非常に少なく、PoWマイニングに費やされる電力のコストをカバーできないことがしばしばありました。

SONMを利用するとPoWマイニング用の電力消費を止め、ネットワーク内全員のカリキュレーションが開始されます。ディフィカルティボムまたはイーサリウム(そしてその他) PoS移行 - 各マイナーはそのハードウェアにとって最も収益性の高いアプリケーションとタスクを提案します。CPU、GPU、 ASIC、更にはゲーム機やスマートフォンも、SONMフォグコンピューティングに利用できます。ただマイニングクライアントアプリケーションをセットアップして実行するだけです。

チーム すべてを見る

Sergey Ponomarev
Sergey Ponomarev
CEO and Founder
Anton Tiurin
Anton Tiurin
Lead P2P and PaaS Technology Developer
Max Kordek
Max Kordek
Advisor
Alexey Antonov
Alexey Antonov
Marketing and Financial Advisor
Jaron Lukasiewicz
Jaron Lukasiewicz
Advisor
Reuben Godfrey
Reuben Godfrey
Business developer in Atlantic Region

人気STO/ICO記事

  • 【習うより慣れよ】ビギナーズコンテスト開催のお知らせ

    4月の初頭から2倍以上の高騰を見せるしたビットコイン。「ああー乗り遅れた!」という方は多いのではないでしょうか。でも、焦りは禁物です。特に「これから仮想通貨を買ってみたい」という方は、まずはリスクなくデモトレードで体験することをオススメします。っということで、ビジナーズコンテストと題して、初心者の方向けのデモトレード大会を開催します。の新機能「」で、無料で楽しくトレードを体験してみませんか?(2回目の開催は未定ですw)(予定)令和元年 6月中旬無料最終的に上位にランクインした方には下記相当のビットコインをプレゼントします。※上位20位まで賞金をご用意する予定です※賞金価格詳細は追って発表い
  • 【API連携】Liquid/リキッドのAPI連携方法 - 画像付きで分かりやすい!

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。金融庁が認可した仮想通貨取引所「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」はQUOINE株式会社が運営する
  • 【API連携】Binance/バイナンスとAPI連携する方法 - 画像付きで分かりやすい!

    忙しい投資家にとって仮想通貨投資における情報収集や取引を効率化したいという悩みはつきないでしょう。そんな時は取引所が公式に公開しているAPIを活用すると便利です。APIを使えば取引所にログインしなくても自身のポートフォリオ管理や取引、自動取引などを実行することが可能です。通常、APIの活用にはプログラミングスキルが必要ですが仮想通貨アプリののように簡単にAPI連携する方法もあります。ここでは仮想通貨引所最大手であるBinanceのAPI取得方法とのAPI連携方法をご紹介させていただきます。Binanceは2017年7月に中国で誕生した仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所としては後発ですが、社