SOAR - 分散型グローバルスーパーマップ

Soarは、ブロックチェーン技術に基づいて構築された世界の分散型グローバルスーパーマップです。 スーパーマップには、毎日の衛星画像フィード、高解像度の空中センサー、およびより大きなコミュニティによって収集された無人機のコンテンツへのアクセスが含まれます。 すべてがブロックチェーンテクノロジを使用して、動的マッピングデータに接続して共有します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SKYM
開始日時
2018-06-01
終了日時
2018-12-03
最高目標
20,250,000 USD
初回価格
0.20 USD
トークン供給数
130,000,000
公式サイトへ Owner of SOAR?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率37.2%
KYCKYC
参加不可地域USA, China
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Soarは、ブロックチェーン技術に基づいて構築された世界の分散型グローバルスーパーマップです。スーパーマップには、毎日の衛星画像フィード、飛行機からの高解像度空中センサー、無人機のコンテンツを含むすべてのマッピングシステムへのアクセスが含まれます。すべて安全で信頼でき、分散型ブロックチェーンのコミュニティに接続されています。

Soarの実装の第1段階は、以下のための市場の創造です。

  • 静止画、ビデオ、航空地図などの無人機のコンテンツ
  • 空中像。そして
  • 衛星コンテンツ

Soarマーケットプレイスは、無人オペレータと空中映像会社が世界のどこのSoarユーザーにもマッピングコンテンツを直接アップロードして販売することを可能にします。 Soarマーケットプレイスは、未利用のコンテンツの未開拓の潜在的な可能性を実現することによって、マッピングデータと無人機のコンテンツの価値を指数関数的に高める可能性を秘めています。さらに、スマートコントラクトによるマッピングコンテンツメタデータの完全性を確保することにより、Soarはブロックチェインにコンテンツをキャプチャするために使用された場所、時間、機器を自動的かつ透過的に公開します。ブロックチェーン技術を使用することで、コンテンツの信頼性を検証し、無人機のコンテンツの完全性を保証し、「偽のニュース」などの問題に対処できます。

チーム すべてを見る

Amir Farhand
Amir Farhand
CEO & Geospatial Expert
Charlie Caruso
Charlie Caruso
CMO – Head of Global Marketing & Branding
Chris Lowe
Chris Lowe
Lead Blockchain Scientist
Marek Tlacbaba
Marek Tlacbaba
Blockchain Developer
Neil Prentice
Neil Prentice
Parnerships & Commercialisation Manager
Ciaran Doyle
Ciaran Doyle
Geospatial Expert

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

    10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・