SOAR - 分散型グローバルスーパーマップ

Soarは、ブロックチェーン技術に基づいて構築された世界の分散型グローバルスーパーマップです。 スーパーマップには、毎日の衛星画像フィード、高解像度の空中センサー、およびより大きなコミュニティによって収集された無人機のコンテンツへのアクセスが含まれます。 すべてがブロックチェーンテクノロジを使用して、動的マッピングデータに接続して共有します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SKYM
開始日時
2018-06-01
終了日時
2018-12-03
最高目標
20,250,000 USD
初回価格
0.20 USD
トークン供給数
130,000,000
公式サイトへ Owner of SOAR?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率37.2%
KYCKYC
参加不可地域USA, China
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Soarは、ブロックチェーン技術に基づいて構築された世界の分散型グローバルスーパーマップです。スーパーマップには、毎日の衛星画像フィード、飛行機からの高解像度空中センサー、無人機のコンテンツを含むすべてのマッピングシステムへのアクセスが含まれます。すべて安全で信頼でき、分散型ブロックチェーンのコミュニティに接続されています。

Soarの実装の第1段階は、以下のための市場の創造です。

  • 静止画、ビデオ、航空地図などの無人機のコンテンツ
  • 空中像。そして
  • 衛星コンテンツ

Soarマーケットプレイスは、無人オペレータと空中映像会社が世界のどこのSoarユーザーにもマッピングコンテンツを直接アップロードして販売することを可能にします。 Soarマーケットプレイスは、未利用のコンテンツの未開拓の潜在的な可能性を実現することによって、マッピングデータと無人機のコンテンツの価値を指数関数的に高める可能性を秘めています。さらに、スマートコントラクトによるマッピングコンテンツメタデータの完全性を確保することにより、Soarはブロックチェインにコンテンツをキャプチャするために使用された場所、時間、機器を自動的かつ透過的に公開します。ブロックチェーン技術を使用することで、コンテンツの信頼性を検証し、無人機のコンテンツの完全性を保証し、「偽のニュース」などの問題に対処できます。

チーム すべてを見る

Amir Farhand
Amir Farhand
CEO & Geospatial Expert
Charlie Caruso
Charlie Caruso
CMO – Head of Global Marketing & Branding
Chris Lowe
Chris Lowe
Lead Blockchain Scientist
Marek Tlacbaba
Marek Tlacbaba
Blockchain Developer
Neil Prentice
Neil Prentice
Parnerships & Commercialisation Manager
Ciaran Doyle
Ciaran Doyle
Geospatial Expert

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[