Safinus - 仮想通貨とICOへの投資の革命的なプラットフォーム

仮想通貨市場の新たな参入者が数回のクリックで有利な仮想通貨とICOポートフォリオに参加できるプラットフォーム。 さらに、経験豊富な投資家は、管理している資本を大幅に増やすことができ、プロのトレーダーとファンドは、グローバル規模で新規顧客を獲得することができます

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SAF
開始日時
2018-05-02
終了日時
2018-06-02
最高目標
16,000,000 USD
トークン供給数
37,000,000
公式サイトへ Owner of Safinus?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率92%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Safinusプラットフォームは、経験豊富な投資家、仮想通貨投資家、専門トレーダーと初心者投資家を結びつけます。 これにより、投資が安全になり、低品質のICOから保護され、お金を稼ぎ、相互利益をもたらします。 このようなアプローチは、投資家やトレーダの助けになるだけでなく、これまでにアクセスできない資金を集めて信頼と安全保障を向上させるための仮想通貨産業の発展にも貢献するでしょう。

チーム すべてを見る

Alexey Scherbin
Alexey Scherbin
CEO, Co-Founder
Ivan Morgunov
Ivan Morgunov
CFO, Co-Founder
Dmitriy Morgun
Dmitriy Morgun
CTO, Co-Founder
Anastasia Kuteynikova
Anastasia Kuteynikova
Marketing Manager
Michael Yanchenko
Michael Yanchenko
Developer
Andrey Sergeenkov
Andrey Sergeenkov
Marketing and PR Specialist

人気STO/ICO記事

  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[