Taklimakan Network - 仮想通貨投資家のビジネスプラットフォーム

Taklamakanプラットフォームは新しいツールと優れた知識ベースを提供することにより、素人投資家に力を与え、魅了することを目指しています。経験豊富なトレーダーやアナリストは、自分の経験を共有し、新参者が個人資金管理の効率を高めるのを助けるよう奨励されます。Taklimakanのイノベーションは投資の世界の指導者にとっても新しくてエキサイティングなように見えます。ソーシャルネットワーク、投資、ブロックチェーンを相互接続し、誰のためにもユニークで効率的な資金管理の経験を創出することを目的としているからです。

STO/ICO基本情報

ステータス
失敗
トークン記号
TKLN
開始日時
2018-04-09
終了日時
2018-06-09
調達金額
3316000 USD
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
27,500,000 USD
初回価格
1 TKLN = 0.05 USD
トークン供給数
550,000,000
公式サイトへ Owner of Taklimakan Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, XMR, ZEC, LTC, DASH, NEO
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域USA, Singapore
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Main Sale 1 week - 30%
  • Main Sale 2 week - 25%
  • Main Sale 3 week - 20%
  • Main Sale 4 week - 15%
  • Main Sale 5 week - 10%
  • Main Sale 6 week - 5%
  • Main Sale 7 week - 0%

概要

Taklimakan Networkは、経験豊かなトレーダーやアナリストの助けを借りて、仮想通貨投資家の専門家レベルを向上させ、成功させるプラットフォームです。このプロジェクトは、クリプトマーケット、プロフェッショナルトレーダー、アナリスト、アセットマネージャの新規参入者との効果的な相互作用のためのビジネスプラットフォームとして機能します。プロジェクトには、わかりやすくユーザーフレンドリーなインターフェースを備えた広範な機能、さまざまな投資ツール、サービスが紹介されます。投資家が最も一般的で信頼性の高い取引信号と分析ツールの提供者を特定でき、群衆の予測に参加したすべてのユーザーに報酬を与えるほか、多くの興味深いプラットフォームツールが仮想通貨業界に関心のあるユーザーを引き付けるだろう。その結果、初心者と専門家の両方が動機づけられます。Taklimakanネットワークプラットフォームにより、ユーザーはプロジェクト投資家であるだけでなく、投資活動に役立つ情報を受け取ることができます。多くの場合、ICOに参加して早期収益を上げ、事前売買でトークンを購入し、上場直後に証券取引所に売却することがあります。しかし、現時点では、実施されたICOの数の増加に伴い、短期投資家の投機的収益は、ますます現実的でなくなり、時にはそれは全く利益を上げません。投資ポートフォリオにタクラマカンネットワークトークン投機的なプレイヤーと見なされるべきではないが、彼は仮想通貨コミュニティ全体にとって有益な有望なプロジェクトの投資家になり、そのプロジェクトが完全に実行された後にトークンが大きな利益をもたらすでしょう。さらに、プラットフォームは、受動的な収入を定期的に生成することによって商業目的で使用することができる。しかし、このプロジェクトの最終的な目標は、商業的関心だけでなく、仮想通貨コミュニティ全体にとって本当に便利なプラットフォームの作成です。

チーム すべてを見る

Rashid Yussup
Rashid Yussup
Chief Executive Officer | Co-founder
Rustam Kairy
Rustam Kairy
Chief Operating Officer | Co-founder
Yong Ming Hong
Yong Ming Hong
Chief Financial Officer | Co-founder
Berik Yernazar
Berik Yernazar
Business Analyst
Gregory Zaitsev
Gregory Zaitsev
Blockchain Architecture
Constantine Pozdnikin
Constantine Pozdnikin
Blockchain | Front-end Developer

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ