Ruby-x - 所有者の人生への情熱

暗号分野の熱心な専門家チームは、Ruby Exchange、Ruby-xを通じて、資金、技術、情報、仮想通貨のプラットフォームを構築することを目指して、Ruby Exchange Projectを開発しました。 Ruby Exchangeは、拡張可能で破壊不可能な機能を透明的に実行するプラットフォームです。 さらに、Ruby-xはメインネットをベースにしたエコシステムを構築し、Rubyトークン(RBY)を主な通貨として使用します。これは非常に価値があり、限られています。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
RBY
開始日時
2018-08-09
終了日時
2018-09-16
最高目標
2,000,000,000 RBY
初回価格
1 RBY = $ 0.22
公式サイトへ Owner of Ruby-x?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, EOS
供給率不明
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域The United States, Canada, Iran, Iraq, Syria, Lebanon, Liberia, Libya, Somalia etc
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Ruby-Token(RBY)Ruby-xは、所有者の人生に情熱を注いでいます。Ruby-xは、POCの主要ネットをベースにしたエコシステムを構築することを目指しています。 Ruby-xのトークンRBYは現在ERC-20をベースにしていますが、2021年のメインネットの打ち上げ後、RBYはRUBYメインネットの主な通貨として使用され、分散型エコシステムを構成します。Ruby-xのすべての手数料は、Ruby-xの主要通貨RBYで支払われ、最終的にRuby-xで使用されるUSDT、ETH、およびBTCを置き換えます。サービスがリリースされると、RBYは他のすべての仮想通貨と交換することができます。

さらに、最初5000人のRBY保有者は、毎年四半期ごとにRuby-xの配当利益、利益の40%または収益の10%を受け取ることになります。 RUBYトークンのただ一度の販売は、2018年8月10日から9月17日までです。売り上げのトークン価格は時間とともに上げ、Ruby Exchangeが正式公開する時、1 RBYの価格は$ 0.5になります。パブリックセールは、総供給量のわずか1%が販売されます。 200億のRubyトークンのうち2億枚。

チーム

人気ICO記事

  • ウィジェットが更に進化!「コイン相場」開発週報 Vol.22

    先週は細かい修正に注力しました。是非ダウンロードしてください!それと同時に新しいUI設計も進めております。同期の進行状況が分かるグラフを表示しました。値上がり時は緑字、値下がり時は赤字で価格が表示されるようになりました。これで価格の上下が一瞬で分かるようになります。韓国でもAirDropQを開催すべく対応作業中です。デザインチームが先週の金曜、新しい案を発表しました。こちらもご期待ください。
  • アンケートのご案内【謝礼贈呈】先着100名限定

    ※満員御礼につき企画を締め切りました。某国内企業様よりアンケートモニターのご案内です。仮想通貨投資の経験がある方が対象になります。興味がある方は本メール末尾のリンクよりアンケートにご参加ください。40問程度の仮想通貨投資関連の質問となります。ご回答いただく所要時間は10分程度です。アンケートに全問回答いただいた先着100名様には謝礼として500円相当のETHを贈呈させていただきます。先着順ですので、お早目のご回答をお願いいたします。下記の画像のように、先にコピーしてからアンケートに参加しましょう。アンケートのご回答から10営業日以内に送金させていただきます。 () ※満員御礼につき企画を締
  • HIVEHack 〜君ならブロックチェーンで世界をどう変える?〜

    イベントURL 今、急速に成長しているブロックチェーン市場…ブロックチェーンが既存のビジネスやボランティア、様々な枠組みに与える影響はとても大きい。最近になってようやくブロックチェーンが話題となり具体的なユースケースなどが考え始められてきた。しかし、ユースケースを考えるだけではなく、実際にコードベースで動くプロダクトはまだまだ出て来ていない。そこで、地理的にも日本の中心に位置するここ大阪に様々な豪華なゲストとともに日本中のブロックチェーンエンジニアを集結させ今までにない規模のハッカソンを開催する。日本のブロックチェーン業界を技術的に牽引しているリーダー達をゲストにお迎えしてブロックチェーンと