Loopex Exchange - 取引をよりスマートにする

Loopexは、さまざまな暗号通貨サービスを顧客に提供する国際的なプラットフォームです。 私たちはブロックチェーン技術の助けを借りて暗号通貨金融センターを創設します。 私たちの使命は、暗号資産の交換を新しいレベルに引き上げることです。 Loopexチームは、プラットフォーム上での取引をできる限り快適で便利、安全、そして安価にするためにあらゆる努力をしています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
XLP
開始日時
2019-04-30
終了日時
2019-06-30
調達金額
5,300 ETH
初回価格
1 XLP = 0.0065 $
トークン供給数
400,000,000
公式サイトへ Owner of Loopex Exchange?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域Iraq
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Loopex IEOはLoopex取引所の正式な立ち上げ後に開催されます。 XLPトークンの総数は10億で、そのうちの4億XLPがIEOの間に販売されます。 IEOステージ中の1 XLPの価格は0.0065ドルになります。

XLPトークンは、IEOが終了するまで、ウェブサイトwww.loopex.ioでのみ正式に配布されます。 Loopex IEOは60日後、または4億枚のXLPトークンが売却された後に自動的に終了します。 IEO完了後、トークンはXLP / BTC、XLP / ETHのペアで正式に公開され、公開市場取引が可能になります。

ステータスVIPは、Loopex IEO中に3万枚XLP以上を購入するユーザーに自動的に割り当てられます。 IEOの投資家は2020年4月1日までステータスを保ちます。VIPステータスにより、顧客はLoopexプラットフォームで無料で取引し、VIPトレーダーズリワードプログラムに参加することができます。

チーム

Ilia Sikharulovi
Ilia Sikharulovi
Founder & CEO
Levan Odishelidze
Levan Odishelidze
Founder & CFO
Nino Katukia
Nino Katukia
CFO
Zurabi Arveladze
Zurabi Arveladze
Lawyer
Jeko Tediashvili
Jeko Tediashvili
Developer
Tiko Kartskhia
Tiko Kartskhia
Designer

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • 【7/13】世界ニュースまとめ - 財務省・金融庁・日銀がリブラの連絡会を設置か、個人情報流出のFacebookに制裁金5,400億円、バイナンスCEO「個人投資家の比率6割以上」、相場の主導は個人投資家

    暗号資産専門メディアCoinpostの報道で財務省・金融庁・日銀が共同で「リブラ」に関する連絡会を設置したことが分かった。リブラは20億人のFacebookユーザーを中心に急激な普及が予想されるが、マネーロンダリングや既存の金融システムに影響などの不透明な部分が多いため、必要に応じ会合を開き、対策などのさまざまな論点について議論する予定だ。参照元:<ins></ins>ブルームバーグによると13日(現地時間)バイナンスCEOは同メディアとのインタビューで、「今年の仮想通貨の価格上昇は機関投資家の参入の結果だという見方もあるが、バイナンスの取引高は約60%が個人投資家によるものだ」と述べ、ビッ
  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部