Rokkex - サイバーセキュリティ専門家による仮想通貨取引所

ROKKEXは、セキュリティとパフォーマンスを基盤とする次世代の仮想通貨取引所です。ROKKEXは初心者と上級トレーダーの両方が最大の安全性で即座に暗号資産を交換することを可能にします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
RKX
開始日時
2019-08-26
終了日時
2019-11-18
最低目標
5,000,000 EUR
最高目標
20,000,000 EUR
初回価格
1.1192 USD
トークン供給数
15,000,000
公式サイトへ Owner of Rokkex?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, BCH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Rokkexは、高度なサイバーセキュリティツールと直感的なUXを組み合わせた、セキュリティを重視した暗号交換プラットフォームです。民間および政府の両方の金融機関および銀行機関向けのソリューションを開発した経験を積んだサイバーセキュリティの専門家によって設立されました。 Rokkexは、Fort Knoxの安全な環境、AI支援のKYC、業界をリードするAML手順、簡単なUX、洗練された取引体験のためのサンドボックス環境を提供する、完全に規制された取引プラットフォームです。 チームは証券取引所で新しい可能性を開くことを約束します。 第3四半期に、Rokkexは、規制に準拠した方法で独自の証券取引所を構築するための資金を調達するために、Security Token Offering(STO)を開始します。

チーム すべてを見る

Lukas Krikstaponis
Lukas Krikstaponis
CEO
Laurynas Ragauskas
Laurynas Ragauskas
CTO
Evaldas Usas
Evaldas Usas
CISO
Mindaugas Savickas
Mindaugas Savickas
CMO
Modestas Markevicius
Modestas Markevicius
COO
Andrius Liukaitis
Andrius Liukaitis
CFO

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗