Encrybit - 革命的仮想通貨取引所

研究ベース魅力的なUIで近代的な仮想通貨取引所は、高度な機能を豊富に備えています。

ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
ENCX
開始日時
2018-12-15
終了日時
2019-03-31
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
27,000,000
公式サイトへ Owner of Encrybit?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ENCRYBITソリューション

ビジョン

  • 2021年までにトップ10の仮想通貨取引所になります。
  • プロモーション、イベント、賞品を利用して顧客を引きつけ、維持する。
  • 公正で透明な福祉政策を策定し、顧客を尊重する。
  • 信用を守り、良いことをする。

特長

  • 多くのプロのチャートツール。
  • インタラクティブトレーディング(チャートを使用)
  • 取引コピーやブログを含むソーシャル取引。
  • 幅広いオーダー。 (L1、L2)
  • BI(ビジネスインテリジェンス)フォーマットレポートのためのプロフェッショナルおよびロスレポートツールを実装し、顧客の投資を管理できるようにします。
  • コインフィルター、ニュースフィード、スマートリマインダーなど

手数料

  • すべての手数料は安くにする。
  • 料金ゼロで新規顧客に惹きつける。
  • Encrybit通貨のトークンで支払う場合、手数料の50%割引。

セキュリティ

  • 複数の場所からの多層ファイアウォールの管理
  • 冗長性のための複数のデータセンター。
  • 取引所活動を監視し、攻撃を遮断するウォッチドッグアルゴリズム

カスタマーサービス

  • 多言語サービス。
  • 優秀な顧客サービスは非常に重要だと考えています。
  • お客様の問題は優先事項です。
  • 効果的なサービスを時間スケールで定義する

チーム

  • 2009年から大企業にソリューションを提供してきたプロのソフトウェア開発チーム
  • 内部構造、コーディング、およびインフラストラクチャの専門知識により、高いボラティリティ市場で高いパフォーマンスと最高の結果を実現します。

チーム すべてを見る

Jiten Rajput
Jiten Rajput
Chief Executive Officer
Yogesh Trivedi
Yogesh Trivedi
Chief Operating Officer
Fabrizio Cane
Fabrizio Cane
Chief Technical Officer
Steve Hunter
Steve Hunter
System/IT Administrator
Tzuriel Kahlon
Tzuriel Kahlon
IT Analyst
Rajesh Vyas
Rajesh Vyas
System Administrator

人気ICO記事

  • AeronのARNトークンがEOSのエコシステムで利用可能に

    ブロックチェーンを基盤とする革新的航空安全プロジェクト、Aeronは、その範囲をEOS経済圏まで広げ、Ethereum ERC20とEOS間の双方向トークンスワップを実現しました。それにより、このトークンの流動性は上昇し、市場におけるAeronの地位は強化されることになるでしょう。ブロックチェーン間のスワップ比は1:1で、EOSブロックチェーンで発行されたAeron(ARN)トークンは、Ethereumブロックチェーンでのトークンにより完全に変換できます。この大胆な手段を取ることで、ARN/EOSペアの即時交換やEOS経済圏により促進された利便性と革新性とともに、EOS分散型取引と換金オプショ
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.29

    直近2週間は、UI最適化と機能追加により、アプリがアップデートしました。仮想通貨の相場は相変わらずの冬景色ですが、業界を少しでも盛り上げられるように頑張って参ります。最新版は今週中にリリース予定ですので、しばらくお待ちください。先週にリリースを予定していたTOPページなのですが、UIの微調整・ニュース整理のため予想していた時間より少し時間がかかりました。全ての情報をTOPページでスピーディーに確認できます。最新バージョンでは、各通貨詳細ページでSiri機能をショートカットで追加し、コインの価格がリアルタイムで確認できるようになります。簡単かつ便利に利用できる機能でございますので是非、お試しくだ
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!