Encrybit - 革命的仮想通貨取引所

研究ベース魅力的なUIで近代的な仮想通貨取引所は、高度な機能を豊富に備えています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ENCX
開始日時
2018-12-15
終了日時
2019-03-31
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
27,000,000
公式サイトへ Owner of Encrybit?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ENCRYBITソリューション

ビジョン

  • 2021年までにトップ10の仮想通貨取引所になります。
  • プロモーション、イベント、賞品を利用して顧客を引きつけ、維持する。
  • 公正で透明な福祉政策を策定し、顧客を尊重する。
  • 信用を守り、良いことをする。

特長

  • 多くのプロのチャートツール。
  • インタラクティブトレーディング(チャートを使用)
  • 取引コピーやブログを含むソーシャル取引。
  • 幅広いオーダー。 (L1、L2)
  • BI(ビジネスインテリジェンス)フォーマットレポートのためのプロフェッショナルおよびロスレポートツールを実装し、顧客の投資を管理できるようにします。
  • コインフィルター、ニュースフィード、スマートリマインダーなど

手数料

  • すべての手数料は安くにする。
  • 料金ゼロで新規顧客に惹きつける。
  • Encrybit通貨のトークンで支払う場合、手数料の50%割引。

セキュリティ

  • 複数の場所からの多層ファイアウォールの管理
  • 冗長性のための複数のデータセンター。
  • 取引所活動を監視し、攻撃を遮断するウォッチドッグアルゴリズム

カスタマーサービス

  • 多言語サービス。
  • 優秀な顧客サービスは非常に重要だと考えています。
  • お客様の問題は優先事項です。
  • 効果的なサービスを時間スケールで定義する

チーム

  • 2009年から大企業にソリューションを提供してきたプロのソフトウェア開発チーム
  • 内部構造、コーディング、およびインフラストラクチャの専門知識により、高いボラティリティ市場で高いパフォーマンスと最高の結果を実現します。

チーム すべてを見る

Jiten Rajput
Jiten Rajput
Chief Executive Officer
Yogesh Trivedi
Yogesh Trivedi
Chief Operating Officer
Fabrizio Cane
Fabrizio Cane
Chief Technical Officer
Steve Hunter
Steve Hunter
System/IT Administrator
Tzuriel Kahlon
Tzuriel Kahlon
IT Analyst
Rajesh Vyas
Rajesh Vyas
System Administrator

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[