RepuX - ブロックチェーンを活用したデータマーケットプレイス

RepuXのブロックチェーンプラットフォームにより、中小企業(SME)はデータ共有ネットワークを介してビジネスソリューションを活用することができます。中小企業は、効果的なビジネスオペレーションの決定を下すために蓄積したデータを最適に活用する方法を知らないことが多く、 一方、開発者は、機械学習や人工知能主導のアプリケーションを開発するためのデータを探します。中小企業がデータをアップロードし、潜在的なユースケースをリストすることで、RepuXは閉じ込められた未開発の価値を解きます。 RepuXプラットフォームはデータを匿名化し、購入者が決定した評判スコアによって品質を維持します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
RPX
開始日時
2018-03-06
終了日時
2018-04-05
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
33,100,000 USD
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of RepuX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - 50%
  • 6th Feb - 30%
  • 13th Feb - 25%
  • 18th Feb - 20%
  • 24th Feb - 15%
  • 2nd Mar - 10%

概要

問題

企業はテラバイトのデータをシステムに保存しており、これを使用してビジネス意思決定を改善したり、業務効率を向上させることができません。開発者は機械学習や人工知能ソリューションを開発するためのデータが不足しています。このディスコネクト内には多くの価値が閉じ込められています。

ソリューション

RepuXはプロトコルレベルのフレームワークであり、さまざまな種類の企業データとユーザーデータを異なるパーティー間で収益化し交換することができます。 RepuXは、IPFS、Sia、Ethereum / EOSなどの複数の最先端の分散技術を組み合わせ、カスタムハイスループットブロックチェーンへのアップグレードを可能にし、データと情報の高度に分散した市場を創出します。

技術

APIを使用することで、特定のニッチに合うように第三者がこれらのマーケットプレイスを開発できるようになります。 RepuXは、プロトコル内のピア間で直接的に価値およびデータ転送を行うことにより、現在の市場には存在しない過剰なユーザーおよび企業の集約データに対するさまざまなB2B(ビジネス間)データ共有の可能性を作成します。 RepuXトークンによる直接的かつ迅速な価値移転は、複数の業界にまたがる仲介者および仲介者の必要性を排除します。大規模なデータとAIが大規模な集約データに依存するようになるにつれて、RepuXはこれを利用して、それぞれの分野で革新を推進していきます。

使い方

オプションで各エンティティと各トランザクションの背後に評判を割り当て、オラクル・システムで検証することで、プロトコル内の完全性を保証し、アクターが購入しているデータの存在だけでなく品質にも大きな自信を持たせることができます。 RepuXでは、ユーザーデータに価値をもたらすことを願っています。

開発者

開発者は企業データへのアクセスをリアルタイムで安全に購入して受け取ることができ、分散アプリケーションを作成することができます。これは、同様の会社やデータタイプの間、安らかなAPIで利用できます。データをプレビューしたり、購読したり、特定の企業や業界全体を選択することもできます。その後、それらのアプリケーション、アルゴリズムをRepuXで一覧表示し、RepuXトークンを持つ企業に売却することができます。データアクセスにはさまざまな権限が関連付けられており、開発者や企業はコミュニティを保護するために一定期間のトランザクションで評判を上げることができます。

チーム すべてを見る

Marcin  Welner
Marcin Welner
MANAGEMENT TEAM
Aleksandra  Staszewska
Aleksandra Staszewska
PRODUCT TEAM
Tomasz  Tybon
Tomasz Tybon
MANAGEMENT TEAM
Daniel  Kmak
Daniel Kmak
DEV TEAM
Przemysław  Kocznur
Przemysław Kocznur
DEV TEAM
Krzysztof  Durałek
Krzysztof Durałek
DEV TEAM

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本