Release Project - ソーシャルメディア分散型プラットフォーム

次世代のソーシャルメディア分散型プラットフォーム 価値ある情報と信頼できる評価がSNSの未来を大きく変える! 私たちは、すでにスタートしているソーシャルメディアを改良し、SNSとeコマースを融合させ、良質で価値ある情報収集とブロックチェーン+ビッグデータ+AI 人工知能(ディープラーニング)技術を用いることで、次世代のソーシャルコマースを完成させ、世界におけるインターネットの更なる発展に貢献します。 私たちは、RELEASEのサービス開始当初より、サイトの価値をもっと高めることを念頭に、次世代のソーシャルメディア分散型プラットフォームの構築を日々考えてきた。 ソーシャルメディアとeコマースを組み合わせ、ブロックチェーン技術とビッグデータ、そしてAI 人工知能を兼ね備えた「ソーシャルコマース・プラットフォーム」の構築こそ、これからのインターネットの発展に不可欠だと確信した。そして、今後のソーシャルメディアの在り方とプラットフォームの価値は、誰がどのように評価するのか?を考えたとき「投稿者のみが報酬を得る」のではなく、投稿された記事に対し「コメントやシェア等で評価してくれたユーザー」に対しても報酬を分配することができる仕組みを可能にする。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
REL
開始日時
2018-04-20
終了日時
2018-11-15
調達金額
62,975 ETH
最低目標
40,000 ETH
最高目標
200,000 ETH
初回価格
1 REL = 0.0000022 ETH
トークン供給数
50,000,000
公式サイトへ Owner of Release Project?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 2018-08-01 to 2018-08-20 - 15%
  • 2018-09-01 to 2018-09-25 - 10%
  • 2018-10-01 to 2018-10-25 - 5%

概要

次世代ソーシャルメディアとeコマースの融合 + 価値ある情報と信頼できる評価 + ブロックチェーンを用いた管理システム + ビッグデータを用いた情報処理技術 + AI 人工知能(ディープラーニング)による検索アルゴリズム

私たちは、すでにスタートしているソーシャルメディアを改良し、SNSとeコマースを融合させ、良質で価値ある情報収集とブロックチェーン+ビッグデータ+AI 人工知能(ディープラーニング)技術を用いることで、次世代のソーシャルコマースを完成させ、世界におけるインターネットの更なる発展に貢献します。

私たちが、すでに稼働させている、SNS ソーシャルメディア RELEASE(リリース)は、現在 記事の8割以上は個人ユーザーによる良質で価値ある情報が投稿されている。そして、良質で価値ある情報はユーザーからの閲覧回数も多く、記事の投稿者は閲覧回数により、「1pvにつき0.1ポイント(1アクセス0.1円換算・日本円)を付与するポイントサービスを2017年6月より開始した。このポイントサービスを導入することで、記事を投稿したユーザーは閲覧回数を増やし、より多くのポイントを獲得するため、良質で価値ある情報を投稿している。

情報は「速報・遊ぶ・食べる・観る・泊まる・買う・癒し・学ぶ・仕事・趣味・エンタメ・イベント・その他」など、13項目にカテゴリが分類されており、検索機能と合わせ、サイトを訪問したユーザーが、良質で価値ある情報にいち早く辿り着くことを可能にしました。

次世代ソーシャルメディアとeコマースの融合

ソーシャルメディアとeコマースを組み合わせ、ブロックチェーン技術とビッグデータ、そしてAI 人工知能を兼ね備えた「ソーシャルコマース・プラットフォーム」の構築こそ、これからのインターネットの発展に不可欠だと確信した。そして、今後のソーシャルメディアの在り方とプラットフォームの価値は、誰がどのように評価するのか?を考えたとき「投稿者のみが報酬を得る」のではなく、投稿された記事に対し「コメントやシェア等で評価してくれたユーザー」に対しても報酬を分配することができる仕組みを可能にする。

  1. ソーシャルメディアとショッピングの融合「ソーシャルコマース」。
  2. ソーシャルメディア(分散型ブロックチェーン)プラットフォームの構築。
  3. 記事を投稿した人、記事を評価した人、双方にポイント(報酬)をトークンにて分配。
  4. AI 人工知能による、個々の求める情報検索プログラム&取引システムを構築。
  5. ビッグデータによる情報管理&解析、個々の求めそうな情報をターゲット広告配信。

プラットフォームの紹介と特徴

RELEASEは、ソーシャルメディアとショッピングの融合「ソーシャルコマース」を目指すべく、ユーザーが良質で価値ある記事を投稿した場合、また、信頼できる記事を評価した場合、投稿者と評価者の双方に、RELEASEが独自で発行する(RELトークン)を付与するソーシャルメディア SNSと、誰もが簡単に商品やサービス・スキルなどを売り買いすることができるeコマースを組み合わせた、次世代ソーシャルコマースを可能にする。

RELEASEユーザーは、貯まったポイント(RELトークン)を、RELEASEプラットフォーム内で商品やサービス(スキル)などの売り買いができる他、取引所に上場した場合、複数の仮想通貨と交換することもできる。

RELEASEの最大の特徴は、類似する従来のソーシャルメディア Twitter・Facebook・Instagram・Pinterest・NAVER・Youtube・blog、また、eコマースでは、誰もが簡単に商品やサービス、スキルを売り買いすることができるフリーマーケットなど、各サービスそれぞれの優れた機能や特徴を更に改良して開発されるものが、ソーシャルメディアとeコマースを組み合わせた、次世代の分散型プラットフォーム「ソーシャルコマースRELEASE(リリース)」です。

この斬新な分散型プラットフォームの構築により、良質で価値ある情報を収集することができ、記事を投稿した人、記事を評価した人、双方にポイント(RELトークン)が配布され、ユーザーの興味や関心を推測した「行動ターゲティング広告」を配信することで、長期的に得られる収益を分配することができる。

即ち、ソーシャルメディア(SNS)とeコマース(ショッピング)を組み合わせた、RELEASEソーシャルコマースは、「価値ある情報がSNSの未来を大きく変える!」をコンセプトに、時流・先見性・信頼性・将来性・収益性を兼ね備えたサービスであり、長期的で、かつ、継続的に収益を生み出すプラットフォームとしての価値を高める。

RELEASE(REL)のブロックチェーン技術

RELEASEは、ソーシャルコマース金融システムに最適化されたブロックチェーン技術を駆使し、既存のブロックチェーンが直面している様々な問題を解決して次世代のソーシャルコマース取引システムを構築する。

産業レベルに十分に対応できるスケーラビリティや様々なソーシャルコマースの取引サービスを可能とするスマートコントラクト(分散型自動化システム)を実装する。

RELEASEのプラットフォームは、ソーシャルメディアとeコマースを組み合わせ、最先端で質の高いソーシャルコマースと取引サービスの提供まで幅広く対応することが可能になる。

チーム すべてを見る

Kanai Tatsuo
Kanai Tatsuo
Chief Exective Officer
Kadota Gyousai
Kadota Gyousai
General Manager
Ishibashi Futagoishi Rika
Ishibashi Futagoishi Rika
Director
Yasunaga Kojiro
Yasunaga Kojiro
Advisor
Matsubayashi Takeshi
Matsubayashi Takeshi
Developer
Yamada Kouhei
Yamada Kouhei
Developer

人気STO/ICO記事

  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins