Realista - 最初のグローバル不動産プラットフォーム

RealistaはiOS、Android、Web上で既に利用可能な世界初の不動産プラットフォームで、登録された代理店は2万人を超えています。Realistaでは、売り手は無料でプロパティを紹介することができ、エージェントはどこでもプロパティをリストすることができ、買い手と貸し手はこれまで以上に多くの物件にアクセスできます。Realistaは、プロパティーコンテンツの作成を促し、クライアント側(買い手、貸し手、売り手)の採用とエージェント側の利用率を高速に追跡する、「スロースタート」問題を解決するメカニズムとしてRealistaトークン(RET)を導入します。 RETはRealistaと統合され、エージェントは新しいエージェントを呼ぶことで報酬としてRETを受け取ります。RETは加入の支払いとして利用されることができ、世界規模での参入に障壁がなくネットワーク効果を刺激するのに役立ちます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
RET
開始日時
2018-03-28
終了日時
2018-03-31
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
0.03 USD
トークン供給数
605,000,000
公式サイトへ Owner of Realista?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率62%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 1 Day - 20%
  • Day 2-7 - 10%
  • Day 8-14 - 5%

概要

不動産業界は現在、数十年前に設立された不動産のウェブサイトによって支配されています。これらのウェブサイトは時代遅れのシステムに依存しており、売り手や代理店には何らかの財産をリストするために過度の金額を請求しています。

Realistaは、不動産の発見方法を変え、業界内のすべての人に力を与えるために建設された世界初の不動産プラットフォームです。 Realistaでは、売り手は無料でそのプロパティを紹介することができ、エージェントは外出先でプロパティをリストでき、買い手と借り手はこれまで以上に多くの物件にアクセスできます。

RealistaTokens(RET)は、プロパティーコンテンツの作成を促し、クライアント側の採用(バイヤー、レンター、売り手)とエージェント側の利用率を高速に追跡する、「スロースタート」問題を解決するメカニズムとして、RealistaTokens(RET)を導入します。私たちは、エコシステムにトークンを導入することで、関係するすべての関係者(売り手、バイヤー、賃貸人および代理店)に利益をもたらし、世界中のあらゆる市場への不動産リスティングの効率と納品を増やすことができると考えています。売り手は手数料を支払う必要はなく、代理店は他の代理店をRealistaに紹介する報酬としてRETを得ることができます。これにより、新しいエージェントがプラットフォームに追加され、プロパティコンテンツの作成が増加します。これにより、他のウェブサイト(CRMなど)の障壁が軽減され、データフィード(REAXMLやMLSなど)の集中化が妨げられ、世界中の不動産コンテンツの利用可能性が高まります。

Realistaでは、効率性を提供し、あらゆる段階で販売、購入、賃貸プロセスを簡素化することで、不動産の世界初のプラットフォームとなることを約束しています。これまでにない方法でユーザーをつなぎ、不必要なコストを削減し、1か所ですべての物件にアクセスできるようにします。

チーム

Alex McIntyre
Alex McIntyre
CEO & Founder
Duncan Mclntyre
Duncan Mclntyre
CMO & Co-Founder
Nagib Bousaad
Nagib Bousaad
Head of Product Development
Dustin Wen
Dustin Wen
Head of Design
Laura Donaldson
Laura Donaldson
PR Manager
Bella Hohaus
Bella Hohaus
Business Development Manager

人気STO/ICO記事

  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • 新規ウォッチリストを追加する方法

    コイン相場ユーザーの皆様はウォッチリストを分けて使っていますか?私も長い間「お気に入り」というウォッチリストだけを使っていましたが、社内のほかの方々の使い方を見て色々と工夫してみたら、仮想通貨の管理がとても楽になりました。この経験から、新規ウォッチリストを追加する方法をぜひ皆様に共有したいと思い今回の記事を作成いたします。皆様も本記事を参考に新規ウォッチリストの追加して、仮想通貨の管理を最大に効率化してください。<ins></ins><ins></ins>以上、コイン相場アプリの新規ウォッチリストを追加する方法でした。使い方によっては仮想通貨の投資がとても楽になる機能です!色々とお試しください
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、