Imbrex - 不動産革命

革新的な新しいグローバルリスティングプラットフォームREXへようこそ。ここでは、プロパティのリストと検索が無料です。広告に砲撃されないプラットフォーム。自分のデータを管理できる場所で取引に数ヶ月ではなく数日で済む。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
REX
開始日時
2017-07-31
終了日時
2017-08-25
調達金額
$4,300,000
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Imbrex?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Week #1 - 1000 REX = 1 ETH
  • Week #2 - 900 REX = 1 ETH
  • Week #3 - 800 REX = 1 ETH
  • Week #4 - 700 REX = 1 ETH

概要

取り扱い取引所

  • CoinExchange
  • IDEXIDEX

REXは不動産取引に関する情報を、ブロックチェーンによって分散管理するプラットフォームです。

現在の (主にアメリカでの) 不動産取引は、不動産業者のみが登録できるデータベースシステム、いわゆるマルチプルリスティングシステム(Multiple Listing System; MLS) を介して行います。全国の不動産取引の9割以上を占めていることから、不動産売買にはなくてはならないシステムとなっています。

課題

  • 不動産事業者しか登録できないため、一般人が売買をするときにはこのデータベースにアクセスする権利を持つ業者あるいはエージェントを探し、契約しなければならない
  • エージェントを介するためデータベースのやりとりで、売買希望の一般人は情報すべてを自由に見ることができない
  • MLS利用料金がかかる(事業者の場合は月額)
  • 売買ニーズ・売買情報のマッチングが、委託したエージェントの質とモチベーションに左右される
  • 売買の成立までに時間がかかる

特徴

REXは、この取引環境にブロックチェーン技術を導入し、管理を分散化することを狙っています。 それにより、以下のような改善が期待できます。

  • 販売店、売り手、買い手、そして代理店を、分散型ネットワークで相互につなげることで物件情報のマッチングが迅速になる
  • データベースが分散化しているので、管理コストが大幅に安くなる
  • 不動産業者と顧客との情報格差がなくなる。もとめれば顧客は特定の不動産について、ブロックチェーンを通じて過去の取引履歴をすべて閲覧できるようになります。
  • 情報が誰でも閲覧可能で改ざんができない。自己物件など物件情報を秘匿したり、ダミー物件などの掲載が難しくなる、事実に基づいて手続きが要求されるので、エージェントはよりフェアで能力の高い処理が求められる

世界の不動産取引を、分散型取引システムで実現し、それらをREX通貨でできるようにしようという試みです。

チーム

Stephen King
Stephen King
Principal & Co-founder
Russell McLernon
Russell McLernon
Principal & Co-founder
Duke Long
Duke Long
Advisor
William King
William King
Advisor
John Balian
John Balian
Advisor

人気STO/ICO記事

  • 【コインポインとは】無料でビットコインが貰える|リスクなく暗号資産を運用しよう

    コインポインとはコイン相場が運営するお小遣いサイトです。普段のお買い物や娯楽などのサービス利用をで利用するだけで、ビットコインを貰うことができるお得なお小遣いサイトです。ビットコインといえば、2017年4月頃から2017年末のバブル期を彷彿とさせる価格高騰をみせており、改めて注目を集めています。新しいテクノロジーとして投資家から注目されるビットコインですが、まだまだ黎明期であり不安定な市場です。そこで、投資初心者の方にも手軽にリスクなくビットコインに触れて欲しいという想いから、がリリースされました。や、として、まずは気軽に体験してみませんか?の仕組みはアフィリエイト広告で成り立ってい
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ
  • bitbank(ビットバンク)のおすすめ理由を解説!セキュリティーが堅牢で銘柄が豊富なbitbankで口座を開いてみよう

    ✅ 【お得】取引すればするほどおトク!メイカー取引はマイナス手数料新しい価格を指値で頻繁に取引を行うトレーダーには最適の取引所!なんと、メイカー取引の手数料が-0.02%で取引をすればするほどおトク!※メイカー(Maker)とは、板にない価格を作ることをいいます。✅ 【安心】セキュリティーが堅牢暗号資産取引所の分析企業CERによると、ビットバンクのセキュリティー体制は日本一、物理的な方法からの盗難や内部犯行の対策として秘密鍵が一つではなく、複数に分割された「マルチシグ」で管理✅ 【便利】アプリが使いやすく、UIが洗練されている24時間休まない仮想通貨市場では必ずスマホでの対応が必要な場合が多い