Imbrex - 不動産革命

革新的な新しいグローバルリスティングプラットフォームREXへようこそ。ここでは、プロパティのリストと検索が無料です。広告に砲撃されないプラットフォーム。自分のデータを管理できる場所で取引に数ヶ月ではなく数日で済む。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
REX
開始日時
2017-07-31
終了日時
2017-08-25
調達金額
$4,300,000
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Imbrex?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Week #1 - 1000 REX = 1 ETH
  • Week #2 - 900 REX = 1 ETH
  • Week #3 - 800 REX = 1 ETH
  • Week #4 - 700 REX = 1 ETH

概要

取り扱い取引所

  • CoinExchange
  • IDEXIDEX

REXは不動産取引に関する情報を、ブロックチェーンによって分散管理するプラットフォームです。

現在の (主にアメリカでの) 不動産取引は、不動産業者のみが登録できるデータベースシステム、いわゆるマルチプルリスティングシステム(Multiple Listing System; MLS) を介して行います。全国の不動産取引の9割以上を占めていることから、不動産売買にはなくてはならないシステムとなっています。

課題

  • 不動産事業者しか登録できないため、一般人が売買をするときにはこのデータベースにアクセスする権利を持つ業者あるいはエージェントを探し、契約しなければならない
  • エージェントを介するためデータベースのやりとりで、売買希望の一般人は情報すべてを自由に見ることができない
  • MLS利用料金がかかる(事業者の場合は月額)
  • 売買ニーズ・売買情報のマッチングが、委託したエージェントの質とモチベーションに左右される
  • 売買の成立までに時間がかかる

特徴

REXは、この取引環境にブロックチェーン技術を導入し、管理を分散化することを狙っています。 それにより、以下のような改善が期待できます。

  • 販売店、売り手、買い手、そして代理店を、分散型ネットワークで相互につなげることで物件情報のマッチングが迅速になる
  • データベースが分散化しているので、管理コストが大幅に安くなる
  • 不動産業者と顧客との情報格差がなくなる。もとめれば顧客は特定の不動産について、ブロックチェーンを通じて過去の取引履歴をすべて閲覧できるようになります。
  • 情報が誰でも閲覧可能で改ざんができない。自己物件など物件情報を秘匿したり、ダミー物件などの掲載が難しくなる、事実に基づいて手続きが要求されるので、エージェントはよりフェアで能力の高い処理が求められる

世界の不動産取引を、分散型取引システムで実現し、それらをREX通貨でできるようにしようという試みです。

チーム

Stephen King
Stephen King
Principal & Co-founder
Russell McLernon
Russell McLernon
Principal & Co-founder
Duke Long
Duke Long
Advisor
William King
William King
Advisor
John Balian
John Balian
Advisor

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[