Qvolta - P2P仮想通貨取引所

Qvoltaは早く簡単に仮想通貨を交換できるグローバルなP2P取引所

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
QVT
開始日時
2017-10-10
終了日時
2017-10-20
トークン供給数
18,000,000
公式サイトへ Owner of Qvolta?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Qvoltaは、世界範囲のP2P取引プラットフォームであり、ユーザーは迅速かつ簡単に仮想通貨を現金に交換することができます。私たちは、世界の仮想通貨市場に存在する巨大な市場問題に対する対応として、Qvoltaを作成しました。世界中の大部分の国々では、個人は(5〜10分以内に)迅速に仮想通貨を資金に変換することができません。いくつかの交換プラットフォームが利用可能ですが、ほとんどの場合、規模が不足しており、セキュリティが欠けていて、仕様が複雑な技術ソリューションを提供しています。

Qvoltaは、居住国で利用可能な通貨の最も一般的な支払い方法で、迅速に購入または販売するための信頼できる便利なプラットフォームを提供します。 最初はBitcoinとEthereuimの2つの仮想通貨が利用可能となり、後にMoneroと他のaltcoinsが追加されます。

ユーザーを保護するだけでなく、最高のユーザー体験を確保するため、Qvoltaはプラットフォーム上で実行される取引の保証人の役割を果たします。セキュリティは、Qvolta WallとQvolta Securityのようなサービスによってさらに提供されます。 Qvoltaソリューションは、デスクトップアプリケーションとモバイルアプリケーション(iOSとAndroid)の両方で利用できるようになります。

チーム

Kirill Murzin
Kirill Murzin
CEO, co-founder, business development
Viacheslav Averkin
Viacheslav Averkin
CEO, co-founder, business-analyst
Ilia Filatov
Ilia Filatov
CBDO, co-founder
Dmitry Semenov
Dmitry Semenov
Co-founder, development team lead

人気STO/ICO記事

  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • LTC、ダスティング攻撃・・被害を受けたウォレットは約30万個と推測

    暗号資産メディアCointelegraphはブロックチェーン・データ分析企業GlassnodeのTwitterを引用し、「先日(9日)、バイナンスが時価総額5位のライトコイン(LTC)、50個のウォレットを対象に『ダスティング攻撃』があった」と発表したが、実際に被害を受けたのは29万4582アドレスであると報道した。<blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ko"><p lang="en" dir="ltr">The recent  dusting attack on  affected 294,582 addresses. During o
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)