CoinPlace - マルチ通貨P2P市場

CoinPlaceはマルチ通貨P2P市場です。 ここでは、任意の仮想通貨またはトークンを購入し、金銭に交換することができます。CoinPlaceでICOプロジェクトをすばやく登録し、世界のどこからでもデジタル資産を取引できます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CPL
開始日時
2018-02-01
終了日時
2018-02-28
最低目標
10,000 ETH
最高目標
100,000 ETH
初回価格
1 CPL = 0.001 ETH
トークン供給数
131,750,000
公式サイトへ Owner of CoinPlace?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率85%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

サービスのメリット

CoinPlaceは、伝統通貨のためのICOトークンを簡単に購入できる世界初のプラットフォームです。

  • あらゆるクリプトクロスを売って買う
  • 2回のクリックでICOトークンを購入する
  • あなたのICOの参加者を何度も拡張する

便利

CoinPlaceを使用すると、ユーザーはマウスを数回クリックするだけで、仲介なしでビットコイン、アルトコイン、ICOトークンを交換できます。

安全性

トランザクションの参加者は、プラットフォームのエスクローサービスによって保護され、トランザクションの条件の遵守を保証し、詳細を機密に保ちます。

経費節約

最高の価格での売買に関する幅広いオファー。

チーム

GEORGE BLAGOV
GEORGE BLAGOV
CEO
Dmitry Lushnikov
Dmitry Lushnikov
NIKOLAY ERMAKOV
NIKOLAY ERMAKOV
COO
STAN TEO
STAN TEO
STRATEGY
ALINA BELKOVSKAYA
ALINA BELKOVSKAYA
MARKETING
ALEXANDER SAKSAGANSKY
ALEXANDER SAKSAGANSKY
CTO

人気STO/ICO記事

  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し