Quube.exchange - 暗号世界の最初で唯一の耐量子生態系

最初の耐量子交換およびブロックチェーン。 エコシステムは、セキュリティおよびユーティリティ形式での初期トークンの提供に戦略的な焦点を置いています。プロレベルの取引プラットフォームを備えたセカンダリ交換市場を備えたSTO Launchpadです。 強力なベンチャー投資モデルは、VCファンドおよびファミリーオフィスに新たなレベルの安全性、透明性、および速度をもたらし、スタートアップに与えられた前例のない投資エクスポージャーをもたらします。 セキュリティに加えて、ベンチャー市場は、二次的なSTO市場のために、投資のLBOモデルにとってはるかに流動的になります。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
QRР
開始日時
2019-09-03
終了日時
2019-12-31
初回価格
0.3000 USD
トークン供給数
175,000,000
公式サイトへ Owner of Quube.exchange?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

QUUBE.EXCHANGE —プロの交換プラットフォームを備えた最初のクオンタムセーフエコシステムおよびセキュリティトークンLaunchpad。STO/ ICOプロジェクトは、認定および非認定投資家の間で迅速に資金調達できます。 投資機関およびカストディアン機関向けに設計された専用のSTOブロックチェーンに基づく運用。 このチェーンは、量子端末攻撃から他の暗号市場エコシステムを保護します。 すべての交換操作とユーザー残高は、チェーン上で記録されます。 最初の量子コンピューターが暗号通貨のブロックチェーンを接続する日が来ているため、暗号通貨市場にはそれぞれの保護が必要です。

チーム すべてを見る

Jonathan Austin
Jonathan Austin
Quube President
Anthony H.K. LAI
Anthony H.K. LAI
CFO
Jonathan Zhang
Jonathan Zhang
Educational Programs
Malcolm Tan
Malcolm Tan
STO adviser
Rennie Sng
Rennie Sng
Blockchain Community
Kevin Pang
Kevin Pang
CBDO Asia

人気STO/ICO記事

  • LINEのブロックチェーン子会社が日本金融庁から正式認可

    メッセンジャーアプリ「LINE」を運営するLINE株式会社のブロックチェーン子会社「LVC株式会社」が本日6日に仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更になったことが日本金融庁ホームページ、日本仮想通貨交換業協会のホームページを通じ発表された。LVC株式会社は、LINEの仮想通貨事業およびブロックチェーン関連事業を展開している会社だ。取り扱い通貨はBTC、ETH、BCH、LTC、XRPのメジャーな仮想通貨となる。当協会会員における仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更について本日、金融庁より当協会会員の内1社の仮想通貨交換業者登録に関する公表がありましたのでお知らせいたし
  • 【9日】プラストークン、12,646BTC(約140億円)の資金を移動・・今後の動き注目すべき

    ブロックチェーンセキュルティー企業「ChainsGuard」によると、スキャムプロジェクトの疑いのあるプラストークン(PlusToken)が所有していると推定されるビットコインウォレット(1Li4mUc3hCGMB6cgQiJCwTvLMYwkfKHZY8)から12,646BTC(約140億円)の資金移動があった。9日の23時20分(日本時間)から約4,000BTC以上の大量のビットコインが3回にわたり、合わせて12,646BTCが移動された。今回、移動されたBTCは10日12時以降、違うアドレスに分割されたが、取引所に流れてはいない。ウォレット(1Li4mUc3hCGMB6cgQiJCwTv
  • 韓国、Upbit取引所がMoneroなどの匿名通貨6種類を対象に上場廃止を検討・・・XMR・DASH・ZEC・XHV・TUBE・PIVX

    韓国最大級、仮想通貨取引所Upbitが9日の午後17時頃、公式ホームページを通じ、匿名の特徴を持つ・XMR・DASH・ZEC・XHV・TUBE・PIVXの6種類の通貨を注意銘柄として指定し、上場廃止を検討すると発表した。Upbitは上場廃止の理由として2018年10月に開かれた総会で「マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)」の暗号資産取り扱い業者(Virtual Asset Service Provider)に関する国際基準を適用させると協議し、これに関する具体的な実施法案を2019年6月まで規定すると公表していたと説明した。また、暗号資産がマネーロンダリングや違法的な目的で使