Quube.exchange - 暗号世界の最初で唯一の耐量子生態系

最初の耐量子交換およびブロックチェーン。 エコシステムは、セキュリティおよびユーティリティ形式での初期トークンの提供に戦略的な焦点を置いています。プロレベルの取引プラットフォームを備えたセカンダリ交換市場を備えたSTO Launchpadです。 強力なベンチャー投資モデルは、VCファンドおよびファミリーオフィスに新たなレベルの安全性、透明性、および速度をもたらし、スタートアップに与えられた前例のない投資エクスポージャーをもたらします。 セキュリティに加えて、ベンチャー市場は、二次的なSTO市場のために、投資のLBOモデルにとってはるかに流動的になります。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
QRР
開始日時
2019-09-03
終了日時
2019-12-31
初回価格
0.3000 USD
トークン供給数
175,000,000
公式サイトへ Owner of Quube.exchange?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

QUUBE.EXCHANGE —プロの交換プラットフォームを備えた最初のクオンタムセーフエコシステムおよびセキュリティトークンLaunchpad。STO/ ICOプロジェクトは、認定および非認定投資家の間で迅速に資金調達できます。 投資機関およびカストディアン機関向けに設計された専用のSTOブロックチェーンに基づく運用。 このチェーンは、量子端末攻撃から他の暗号市場エコシステムを保護します。 すべての交換操作とユーザー残高は、チェーン上で記録されます。 最初の量子コンピューターが暗号通貨のブロックチェーンを接続する日が来ているため、暗号通貨市場にはそれぞれの保護が必要です。

チーム すべてを見る

Jonathan Austin
Jonathan Austin
Quube President
Anthony H.K. LAI
Anthony H.K. LAI
CFO
Jonathan Zhang
Jonathan Zhang
Educational Programs
Malcolm Tan
Malcolm Tan
STO adviser
Rennie Sng
Rennie Sng
Blockchain Community
Kevin Pang
Kevin Pang
CBDO Asia

人気STO/ICO記事

  • 2019年のブロックチェーン特許申請・・中国67%・米国16%·日本5%·ドイツ4%·韓国2%

    中国メディアIPRdailyは最近2019年、上半期の世界ブロックチェーン関連の「特許申請企業ランキング100」を発表した。2019年は2018年の特許申請数をはるかに上回っている。報道によると、特許申請の数が一番多かった企業は中国企業の「アリババ」で合わせて322件を申請していた。次は中国の保険会社「平安」が274件(2位)、その次はアンティグア・バーブーダ(カリブ海東部に位置する島国)のブロックチェーン企業「nChain」が241件(3位)だった。※資料: マスターカード 79件(10位) マイクロソフト 35件(22位)一方で日本企業は NEC 18件(46位) SONY
  • 50億円以上の資金調達に成功した16のプロジェクトのほとんどがマイナス収益率・・ADA・TRON・XTZだけがプラスか

    中国メディアBlockBeatsが暗号資産リサーチ企業「Messari」のデータを引用し、ICOで5,000万ドル(53億円)以上の資金調達に成功した16のプロジェクトの中でテゾス(XTZ、時価総額18位)、TRON(TRX、時価総額14位)、カルダノエイダ(ADA、時価総額11位)以外のプロジェクトのROI(投資した資本に対して得られた利益のこと)が全てマイナスだったと報道した。 TRON:7,000万ドルの資金調達→投資収益率666.55%16のプロジェクトの中、ICOで42億ドル(約4,400億円)の資金調達に成功したイオス(EOS、時価総額8位)のROI(投資収益率)は分からなかっ
  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    ✅【便利】初心者でも使いやすい初心者でも簡単に取引できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高いバックグラウンド三菱UFJやみずほフィナンシャルグループなどメガバンクを含む名だたる大企業が株主になっており、運営企業の信頼性が高いです。また、三井住友海上と連携し、国内初となるビットコイン事業者向けサイバー保険を開発するなどユーザーが安心できるサービス展開をしています。✅【お得】ビットコインをタダで入手できるbitFlyer経由で