QURAS - プライバシー2.0を保護するシークレットコントラクトプラットフォーム

QURASは、ブロックチェーンテクノロジーを利用して安全な匿名プラットフォームを促進する秘密契約および暗号トークンのプラットフォームです。 QURASプラットフォームを使用することで、さまざまな目的でビッグデータを利用したい人は、QURASトークンを直接使用するか、Qurasブロックチェーンで自分の秘密のスマートコントラクトを作成して操作できます。 QURASブロックチェーンでトークンのプライベートトランザクションを有効にすると、トレーサビリティなしで完全な匿名性が得られます。 すべての個人情報は、秘密の契約を使用して保護されます。 また、DAppおよび秘密契約を通じて取得した個人情報を保持するためのファイルストレージシステムを開発しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
XQC
開始日時
2019-09-30
終了日時
2019-10-30
初回価格
0.0798 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of QURAS?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームSeparate Blockchain
タイプOwn Blockchain
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

歴史的に、ブラインド署名やグループ署名などのさまざまな暗号化技術が広く利用されてきました。こうした状況下で、QURASブロックチェーンはプライバシー技術としてゼロ知識証明とリング署名を採用しました。これらの開発により、ブロックチェーンのユースケースの拡大が期待できます。 2つのプライバシーテクノロジーは、ユーザーのニーズに応じて異なる目的に使用できます。ゼロ知識証明はデータのシールドに適しており、リング署名は電子投票、スマートシティ、スマートグリッドなどのグループ内のプライバシー保護に適しています。ゼロ知識証明を利用しながら、ブロックチェーンユーザーは、メンバーが自分自身を識別する必要なく、グループメンバーの署名を証明できる機能を活用できます。さらに、ゼロ知識証明とリング署名を使用する場合、デジタルIDを採用することで、実世界の法律/規制およびユースケースへの準拠が可能になります。もともと、ブロックチェーンプラットフォームには分散化のため管理者がいませんでしたが、ブロックチェーンプラットフォームのリングシグネチャに管理者を追加することで、集中型のユースケースを処理できるようになりました。 QURASは、経済学における共通の考え方を適用しています。この考え方に基づいて、スマートコントラクトのトランザクション料金をQURASプラットフォームを使用するプロジェクトに分配するシステムが確立されています。暗号通貨市場の激しい変動にもかかわらず、QURASはプロジェクトの不適切な運用のリスクを低減し、プロジェクトスケジュールのタイムリーな完了を促進します。 QURASを使用するプロジェクトに対する継続的なサポートは、プロトコルベースで提供されます。これにより、最終的にQURASの全体的な価値が向上すると考えられています。要約すると、QURASの哲学は、個人および集団に利益をもたらすシステム設計に反映され、すべてのQURASエコシステム全体にとって良いこと、つまり、共通の利益を追求しています。

チーム すべてを見る

Shigeki Kakutani
Shigeki Kakutani
CEO & Founder
Yuan Zhuang
Yuan Zhuang
CTO
Andrew Wong
Andrew Wong
CFO
Ken Misuma
Ken Misuma
CMO
Hua Zixun
Hua Zixun
Blockchain developer
Jiang Lianhui
Jiang Lianhui
Blockchain Developer

人気STO/ICO記事

  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    [✅【最短】クイック本人確認で最短で即日取引が可能仮想通貨取引をする為には、KYC(本人確認)が必ず必要です。多くの他取引所では「はがき受取で本人確認」を行うため、取引までは約1週間ほどの時間がかかります。しかし、bitFlyerではスマホで本人確認手続きが完結するので最短で、即日取引が可能です。(はがき受取も可)✅【便利】初心者でも使いやすいシンプルな画面で、初心者でも簡単に操作できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高い
  • バイナンス、日本居住者の取引機能を制限予定

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが16日、ホームページを通じ後日、日本居住のユーザーを対象に取引機能を制限する予定と発表した。詳細の内容はまだ、決まっておらず追って連絡するとのこと。バイナンスは過去に日本語でサービス提供をしていたが2018年3月、金融庁から無許可営業を行ったとしてを受けたことがある。(2018年に改正資金決済法が施行され、仮想通貨交換業者登録が必要になったため)その後、日本語でのサービスは中止し、営業をしてきた。一部のメディアは今年の春に施行が予定されている資金決済法及び金商法改正の影響が今回の取引機能の制限に繋がったと予測している。<ins></ins>比較記事を読
  • ファンディーノ(FUNDINNO)について

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価