STEGOS - プライバシーアプリのプラットフォーム

Stegos Privacy Platform(Stegos)は、独自のブロックチェーンとトークン設計を組み合わせて、完全にプライベートで、安全で、効率的で、環境的に持続可能な最初の暗号通貨を実装します。 Stegosは、UTXO(コイン)モデルとgPoS(ゲーム化プルーフ・オブ・ステーク)コンセンサスを使用し、既存のプライバシーコインのアイデアと最新の暗号研究を組み合わせて、完全にスケーラブルでプルーナブルなプライバシーブロックチェーンとアプリケーションプラットフォームを作成します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
STG
最高目標
2,000,000 USD
トークン供給数
51,250,000
公式サイトへ Owner of STEGOS?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率51.25%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

なぜSTEGOS?

完全にプライベート

  • 機密取引
  • ステルスアドレス
  • ゼロ知識証明
  • Snowball、ValueShuffleの独自の実装
  • リンク不可およびトレース不可

スケーラブルで強力

  • 水平方向のスケーラビリティ
  • 状態とトランザクションのシャーディング
  • 1秒あたり数千のトランザクション
  • フォークではなく、オリジナルの研究開発

高速でコンパクト

  • 数秒での取引確認
  • 古いデータとトランザクションは安全に破棄できます
  • スマートフォンに収まるほど小さい

モバイル

  • どこでも完全なブロックチェーンノードを実行し、モバイルステーキングでトークンを獲得できる
  • 公平なゲーム化PoSを使用すると、暗号ホウェイルでなくても大金を獲得できます
  • 安全でないリモートサーバーをいじることはありません。
  • HTML / CSS / JavaScriptアプリを実行するための安全なモバイルVM

チーム

JOEL REYMONT
JOEL REYMONT
CEO
VLADIMIR LEBEDEV
VLADIMIR LEBEDEV
VP OF ENGINEERING
ROMAN TSISYK
ROMAN TSISYK
CORE BLOCKCHAIN TEAM LEAD
DAVID MCCLAIN, PHD
DAVID MCCLAIN, PHD
CHIEF ROCKET SCIENTIST

人気STO/ICO記事

  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ
  • BitMEXのBTC/USDペアー名称変更について

    いつもコイン相場をご利用いただき、誠にありがとうございます。最近、コイン相場アプリ内でBitMEXのチャートが表示されないというお問合せがたくさん届いています。既存のBitMEX取引所にあるBTC/USDペアーはアップデート後、XBT/USDに変更されましたのでBTC/USDペアーを登録していたユーザー様は「XBT/USD」ペアーを再度登録をお願いいたします。また、以下のスクリーンショットを見ると分かりますが、現在XBT/USDの表示にUSDが重複されている状況です。この部分は、正しく修正して参りますのでひとまずXBTUSD/USDでご利用をお願いいたします。もともと、アプリ内でBitMEX取
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)