QURAS - プライバシー2.0を保護するシークレットコントラクトプラットフォーム

QURASは、ブロックチェーンテクノロジーを利用して安全な匿名プラットフォームを促進する秘密契約および暗号トークンのプラットフォームです。 QURASプラットフォームを使用することで、さまざまな目的でビッグデータを利用したい人は、QURASトークンを直接使用するか、Qurasブロックチェーンで自分の秘密のスマートコントラクトを作成して操作できます。 QURASブロックチェーンでトークンのプライベートトランザクションを有効にすると、トレーサビリティなしで完全な匿名性が得られます。 すべての個人情報は、秘密の契約を使用して保護されます。 また、DAppおよび秘密契約を通じて取得した個人情報を保持するためのファイルストレージシステムを開発しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
XQC
開始日時
2019-09-30
終了日時
2019-10-30
初回価格
0.0798 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of QURAS?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームSeparate Blockchain
タイプOwn Blockchain
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

歴史的に、ブラインド署名やグループ署名などのさまざまな暗号化技術が広く利用されてきました。こうした状況下で、QURASブロックチェーンはプライバシー技術としてゼロ知識証明とリング署名を採用しました。これらの開発により、ブロックチェーンのユースケースの拡大が期待できます。 2つのプライバシーテクノロジーは、ユーザーのニーズに応じて異なる目的に使用できます。ゼロ知識証明はデータのシールドに適しており、リング署名は電子投票、スマートシティ、スマートグリッドなどのグループ内のプライバシー保護に適しています。ゼロ知識証明を利用しながら、ブロックチェーンユーザーは、メンバーが自分自身を識別する必要なく、グループメンバーの署名を証明できる機能を活用できます。さらに、ゼロ知識証明とリング署名を使用する場合、デジタルIDを採用することで、実世界の法律/規制およびユースケースへの準拠が可能になります。もともと、ブロックチェーンプラットフォームには分散化のため管理者がいませんでしたが、ブロックチェーンプラットフォームのリングシグネチャに管理者を追加することで、集中型のユースケースを処理できるようになりました。 QURASは、経済学における共通の考え方を適用しています。この考え方に基づいて、スマートコントラクトのトランザクション料金をQURASプラットフォームを使用するプロジェクトに分配するシステムが確立されています。暗号通貨市場の激しい変動にもかかわらず、QURASはプロジェクトの不適切な運用のリスクを低減し、プロジェクトスケジュールのタイムリーな完了を促進します。 QURASを使用するプロジェクトに対する継続的なサポートは、プロトコルベースで提供されます。これにより、最終的にQURASの全体的な価値が向上すると考えられています。要約すると、QURASの哲学は、個人および集団に利益をもたらすシステム設計に反映され、すべてのQURASエコシステム全体にとって良いこと、つまり、共通の利益を追求しています。

チーム すべてを見る

Shigeki Kakutani
Shigeki Kakutani
CEO & Founder
Yuan Zhuang
Yuan Zhuang
CTO
Andrew Wong
Andrew Wong
CFO
Ken Misuma
Ken Misuma
CMO
Hua Zixun
Hua Zixun
Blockchain developer
Jiang Lianhui
Jiang Lianhui
Blockchain Developer

人気STO/ICO記事

  • BakktのBTC出来高224BTC・・前日比 796% ↑

    インターコンチネンタル取引所(ICE)傘下の仮想通貨取引業者「Bakkt (バックト)」でBTCの出来高が史上最高を記録した。8日(現地時間)の出来高は史上最低水準の25BTCだったが、9日(現地時間)には224BTCが取引された。先週までBakktでBTCの出来高は一日およそ50BTCだったため、多くの人々は果たしてBTCに投資している「機関投資家」がいるかについて疑問を抱いていた。今回のことでBakktでビットコインの出来高は25BTCから224BTC、約796%が増加をしたことになる。一度、急増した出来高が今後も維持できるかについて注目する必要がある。※でより多くの情報が受け取れます。
  • Binance、P2P取引で人民元建の取引が可能に・・中国マネー流入になるか

    中華系の仮想通貨取引所、Binanceは10月9日公式ホームページを通じCNY(中国人民元)建ての取引が可能になったと発表した。現在、取引可能な仮想通貨はBTC、ETH、USDTだ。今、P2P取引へのアクセスには条件があり、30日以上登録されたBinanceのアカウントを持っているユーザーでまずはAndoroidアプリをダウンロードする必要がある。iOSお及び、Web版の展開はもう少し時間がかかる予定だ。Binanceのこの動きで中国マネーの流入が少し期待できるようになった。※でより多くの情報が受け取れます。ぜひ、ご参加ください。(参照元の確認はチャンネルでお願いします。)<ins></in
  • ビットコインにポジティブな4つの世界ニュースまとめ

    海外のニュースメディアによると、トルコ政府は税金を借りているか滞納負債がある個人や法人を対象に銀行口座を凍結すると発表した。税金を借りている250万以上の個人の資産が凍結され、未払金のある80万以上も同じ目にあうことになる。こういった中央政府の動きはなぜ我々が国家と分離されたデジタル通貨が必要なのかを見せてくれている。香港の一部の現金自動預け払い機(ATM)に現金が足りなく、通貨不足の状態だ。特にHSBCが所有するATMは、香港市民が貯蓄を物理的な通貨に変換しようとしているため、空になっている。これは、中国本土がデジタル支払いを元にデモ隊などを監視しているという恐怖によるもの。こういった情勢が