PRIMARYシステムは、既存の場所、世界中のメンバーをつなぐ分散型ブロックチェーンプラットフォーム、デジタルで生み出された価値を世界経済に結び付けるトークンシステムの3つの要素で構成されています。 PRIMARYは、世界中でコワーキングおよびコリビングスペースの急成長を遂げているプロバイダーの1つであるrent24によって建てられました。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PRY
開始日時
2018-08-01
終了日時
2019-02-28
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of PRIMARY?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEOS
タイプEOS
参加可能通貨BTC, ETH, XLM
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - 15%

概要

PRIMARYは、ブロックチェーンと現実の世界をつなぐシステムです。 このシステムは、デジタル業界での協力、参加、および知識移転を行い、デジタルで生み出された価値を現実の世界での使用に結び付けます。 ネットワークは3つの主要コンポーネントから構成されています。メンバー間のコラボレーション、パートナーアライアンス、物理的およびデジタルの商品とサービスのデジタル化された価値を現実の世界経済に結び付けるトークンシステムを提供します。

チーム すべてを見る

Robert R. Bukvic
Robert R. Bukvic
FOUNDER & CEO
Damian M. Leich
Damian M. Leich
CO-FOUNDER & CMO
Guillermo Vargas
Guillermo Vargas
CHIEF TECHNOLOGY OFFICER
Faruk Mustafic
Faruk Mustafic
HEAD OF TECHNOLOGY
Narcis Gecevic
Narcis Gecevic
HEAD OF PRODUCT
Camil Humackic
Camil Humackic
HEAD OF RESEARCH

人気STO/ICO記事

  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • コインチェックを投資初心者におすすめする理由! 仮想通貨取引所Coincheckを解説

    (国内取引所の平均は約6種類)ビットコイン等の主要仮想通貨はもちろん、人気の高いイーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、モナ(MONA)の売買も可能です。仮想通貨取引所といえば、専門用語が多く、投資経験者向けの機能を揃えたものが多いですが、Coincheckのアプリはを追求しており、と評判が高いです。 であるCoincheckは管理体制も盤石です。基本的なセキュリティー対策は勿論、徹底したシステム監査により情報システムの信頼性、安全性、効率性を担保しています。[ : BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、ETC、MONA、LSK、FCT : 無料 : 成行注文、指