Populous - ブロックチェーン上の請求書ファイナンス

Populousは、最新のブロックチェーンテクノロジを使用して構築された請求書とトレードファイナンスのプラットフォームです。 Populousは、XBRL、Zスコアの公式、スマートコントラクト、ステーブルトークンなどを使用して、世界中の投資家や請求書販売者のための独自の取引環境を構築しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PPT
開始日時
2017-07-24
終了日時
2017-07-24
調達金額
$10,220,400
最高目標
6,000,000 USD
初回価格
1 PPT = 0.2480 USD
トークン供給数
53,252,246
公式サイトへ Owner of Populous?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Populousは、現時点ではローカライズされ限られたマーケットセクターをグローバル化しているP2P(ピアツーピア)インボイスファイナンスプラットフォームです。ブロックチェーンの分散台帳技術を基に構築された世界的な請求書取引プラットフォームです。

インボイスファイナンスは未払いの請求書に縛られた現金を即座に解き放つ資金調達の一形態です。ビジネスオーナーはインボイス購入者が現金をより早く開放するために、割引率を用いて請求書を購入できるようにします。請求書の債務者が請求書を支払うと、請求書の購入者は事前に合意した額を受け取ります。

PopulousはXBRLデータ、Altman Zスコア式、スマートコントラクト、安定した平等なトークンを使用してブロックチェーンのセキュリティ、透明性、スピードを活用してビジネスオーナーと請求書購入者を世界規模で1つに結びつけます。グローバルなインボイスの購入者とビジネスを直接結びつける事により、第三者や金融機関の必要性を排除して、従来のインボイスファイナンスシステムを変革していきます。

Invoice Financeはどのように機能しますか?

日々、注文が処理されると、企業は請求書を送ります。 各請求書の事前に合意された割合は、請求書のコピーが貸し手によって受け取られ、検証された後に、企業の銀行口座に預け入れられます。お金は、その後、請求書の支払い、借金の返済、キャッシュフローの改善、または長期的な成長計画の一環として使用することができます。

Populous Worldを採用する際のステップは以下のようです。

  1. あなたは顧客に商品やサービスの販売を提供します。
  2. 確認とリスク評価の際に、「Populous World」に支払われる請求書を顧客に提供します。
  3. 請求書を当社のプラットフォームにアップロードし、請求書の購入者に請求書の入札を招待します。
  4. オークション終了後24時間以内にキャッシュフローを受け取ります。
  5. 返済時に、顧客は「Populous World」に全額支払うことによって請求書を返済します。

どのような手数料がかかりますか?

Populous Worldは隠れた料金なしで固定料金サービスを提供しています。 すべての見積もりは最終的なものであり、一度承認されると、Populous Worldによって課される唯一の料金になります。 料金は30-90日の返済期間内の請求書の金額の2-4%の範囲です。

POPULOUS WORLDの利点

オーダーメイドの財務

請求書を選んでください。ほとんどのプロバイダとは異なり、元帳全体ではなく、私たちのプラットフォーム上で単一の請求書に資金を供給することができます。完全な売上高カバーを得ることを必要とせずに、必要とする時に、そして必要な時に単一の請求書に信用を与えることができます。私達は顧客を大事にし、彼らの成長し成功するのを期待しています。

専用アカウントマネージャ

あなたが請求書に資金を供給することを選択するとき、あなたのアカウント設定を手助けし、あなたの個人的な要求を維持しそして将来の資金需要を計画するために専用のアカウントマネージャーが割り当てられます。

競争力のある料金

Populous Worldは中小企業のニーズを理解しており、料金はそれを本当に反映しています。私たちは、企業ができるだけ多くの運転資金を事業に再投資する必要があることを理解しています。ただし、これらのビジネスが短期のキャッシュフローソリューションに対して最も多く請求されることがよくあります。

長い契約はありません

固定された長い契約にコミットせずにあなたの請求書を売ってください。

クイック承認

私たちの承認プロセスは48時間しかかかりません。 2日以内に満足している顧客のリストに加わってください。

高い前払い金

私達は請求書金額の98.5%まで業界で最も高い前払い金の1つを提供します。

料金

Populous WorldはP2P(ピアツーピア)請求書ファイナンスプラットフォームで、現在ローカライズされ限定された市場セクターをグローバル化しています。私たちは、ブロックチェーンの分散元帳技術を基盤としたグローバルな請求書取引プラットフォームです。

逆オークション

請求書の購入者は、請求書に対して可能な限りの最低料金を確実に受け取るために、互いに入札します。

Poken

Pokenはプラットフォーム内の暗号通貨であり、売り手と買い手の間で価値を移転するためにプラットフォーム上で使用される唯一の暗号通貨です。 Pokenは法定通貨建ての暗号通貨で、Poken GBPはプラットフォームで使用される基本の暗号通貨です。1 Poken GBPの値は1 GBPに相当します。Pokenを使用すると、イーサリアムの直接使用とそれに関連するボラティリティを回避しながら、スマートコントラクトを利用するためにイーサリアムブロックチェーンを操作することができます。 Pokenは法定通貨と交換することができ、またはその逆(交換レートの対象となります)またはビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨をプラットフォームから引き出すことができます。Pokenは他の暗号通貨と似ており、プラットフォームから引き出すこともできます。

拡張可能なビジネスレポート言語「XBRL」

XBRL(eXtensible Business Reporting Language)は、ビジネス情報を交換するための世界標準であり、誰でも自由に利用できます。XBRL International、Inc.によって開発および公開されており、財務情報の定義および交換に使用されます。企業は、地理的な出所に関係なくレビューおよび比較できるように、データを標準化したXBRL報告フォーマットを使用して、毎年財務諸表を政府規制当局に提出します。

HM財務省は、2011年4月にすべての年次口座および法人税申告書をXBRL形式で提出することを要求しました(GOV.UK、n.d.)。この要求が発表された後、約190万社がこのフォーマットで年次会計および法人税申告書をUK Companies HouseおよびHM歳入税関に提出しています(XBRL、2015年)。

UK Companies Houseは、6年間のXBRLデータを無料で入手できるようにし、190万を超える英国の企業を網羅しています。このデータは、過去の財務データを分析し、幅広い産業や分野をカバーする企業の信用リスクを予測するための良い出発点を示しました。これらのデータを使用して、私たちはXBRLバックエンドを構築し、約28億ポイントを超えるデータを抽出しました。これは、社内のクレジット参照システムおよびターゲットを絞ったマーケティングデータベースの一部を構成していました。

Altman Z-scoreスコア公式

1968年にEdward I. Altmanによって発表されたZ-score公式は、金融業界で世界的に使用されている標準的な公式です。 式は3つの予測測定を提供します。

事業が2年以内に破産する可能性

事業が債務不履行になるかどうか

財政難のための管理措置。

Z-scoreは、複数の企業収益と貸借対照表の値を使用して企業の財務状態を測定します。

チーム

Stephen Williams
Stephen Williams
Founder & CEO
Zvezdomir Zlatinov
Zvezdomir Zlatinov
Solidity Developer
Jason Tuang
Jason Tuang
Financial Consultant
John Morton
John Morton
CTO
Jonathan Millar
Jonathan Millar
Specialist Invoice Finance Risk Consultant - Advisor to Populous

人気STO/ICO記事

  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
  • Coincheck、7月16日よりお客様情報の追加登録を実施 - 仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基く措置

    暗号資産取引所、Coincheck社は7/9日、午後13時頃公式ブログ及びツイッターを通じ、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基づき、2019年7月16日よりお客様情報の追加登録を実施することを公表した。<ins></ins>個人のお客様:2019年7月16日〜2019年8月29日 法人のお客様:2019年7月下旬以降1. 国籍や職業などの属性情報2. 資産に関する情報3. お取引に関する情報 など参照元:<ins></ins>・・・・・
  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表