Prontapay - ブロックチェーン時代の請求書ソリューション

スマートコントラクトとブロックチェーン技術を活用して、あらゆる規模の企業がより効率的に支払いを行い、取引手数料を節約し、より安定した迅速かつ安全な請求書エコシステムを作成する、世界初のスマート・リーガル・インボイス(SLI)™支払いシステム。すべての成功した取引のため、ユーザーにPro Pay Coinを与えます。

ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
PRO
最低目標
500,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
1 PRO = 0.000286 ETH
トークン供給数
75,000,000
公式サイトへ Owner of Prontapay?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプER223
参加可能通貨ETH
供給率30 %
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 0 - 5,000,000 - 100%
  • 5,000,001-25,000,000 - 40%
  • 25,000,001 - 50,000,000 - 25%
  • 50,000,001 - 75,000,000 - 10%

概要

Prontapayはスマートコントラクトおよびスマートな法的コードを使用して商標登録済みスマートな法定請求書(SLI)™を作成するブロックチェーン技術を基盤にした革新的な請求書支払いプラットフォームです。 企業は、当社のデスクトップまたはモバイルインターフェースを使用して、サービスまたは商品の支払いを自動的にまたは顧客が決定した日付に迅速かつ簡単に要求するスマートな法定請求書(SLI)™を作成して送信することができます。 各請求書はブロックチェーン上で送信され、一度受け入れられた請求書が会社と支払人の間の法的拘束力のある合意の一部となるようなスマートな法的コーディングが組み込まれます。

チーム すべてを見る

Keith Black
Keith Black
Co-Founder & Director
Alexander Hambi
Alexander Hambi
Co-Founder & CEO
Daniella Coliba'
Daniella Coliba'
CFO
Paul Spencer
Paul Spencer
Lead Developer
Kaushik Ghosh
Kaushik Ghosh
Blockchain Developer
Eric Afriyie
Eric Afriyie
Marketing & Business Analyst

人気ICO記事

  • アリババコイン世界9か所の主要取引所の取扱通貨一覧表に掲載され、ユーザーによる取引がより便利に

    は、財団発行の通貨ABBC コインが世界9か所の主要取引所の取扱通貨一覧表に掲載されたことを発表いたします。アリババコイン財団CEO ポール・フィリップとそのチームのメンバーは、より多くのユーザー獲得、ABBC コインでの取引の便宜向上のため、世界の取引所の取扱通貨一覧表へのABBC コイン掲載を目指し常に業務に取り組んでまいりました。今やABBCコインはBitforexC、oinsuper、Coinbene、Ooobtc、Dragonex、Idax, Topbtc、Rightbtc、Sistemkoinの取扱通貨一覧表に掲載されています。すべてのコミュニティメンバー、ユーザー、アリババコイ
  • 【11月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.20

    すっかり肌寒くなり、秋もめっきり深まってまいりましたね。年末が近づき、世の中的にも何だか慌ただしい雰囲気になって参りました。そんな中、コイン相場の開発陣も黙々と開発しております。因みに新しいバージョンをリリースしたのはお気づきになりましたか?このバージョンでは読み込み速度が改善されて、動作が滑らかになりましたので是非お試し下さい!通貨詳細にて、ポジションと取引履歴を表示することで、一目で資産状況を確認することが可能になります。(※現在開発中。次回のバージョンアップにてリリース予定) システム改善しページの読み込み速度が大幅に向上しました。dAppの開発者管理画面をリリースしました。開発者は管
  • 高校生の前で講演しました!10月3週の開発週報

    先週はUXの改善、引き続き新機能の開発、各種イベントへの参加などがございました。来週には新バージョンがリリースできる予定ですので乞うご期待!仮想通貨一年生の教科書の著者、ポインさんと弊社の沼崎悠が仮想通貨、ブロックチェーンに関する講演を行いました。高校生にはちょっと難しかったかもしれませんが、クリエイターを目指す高校生たちが多い学校だったのでちょっとは仮想通貨に興味を持ってくれたかと思います。10/26と27日に東京国際フォーラムで開催されたイベントに参加いたしました。弊社はブースを出展いたしました。アプリを使っているユーザーの方が声を掛けていただいたり、まだアプリを知らない方には興味を持って