Hive Project - 仮想通貨請求書ファイナンスプラットフォーム

Hive(HVN)は発行されたすべての請求書に指紋認証技術を使用します。 これにより、企業は請求プロセスを自動化し、一般に公開することができます。 したがって、取引のために請求書を市場に提供することができます。 これにより、中小企業が利用できる流動性が急速に高まり、採点と監査に利用可能な請求書の中央データベースを作ります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HVN
開始日時
2017-07-03
終了日時
2017-08-14
調達金額
$8,949,421
最低目標
2,000 USD
最高目標
10,000 USD
トークン供給数
375,000,000
公式サイトへ Owner of Hive Project?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH, BTC
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Week 1 - 15% bonus
  • Week 2 - 12% bonus
  • Week 3 - 9% bonus
  • Week 4 - 6% bonus
  • Week 5 - 3% bonus
  • Week 6 - 0% bonus

概要

Hive(HVN)は、迅速かつ低コストの流動性を提供するブロックチェーンベースのプラットフォームです。HVNは発行されたすべての請求書に指紋認証技術を使用し、企業の請求プロセスを自動化・一般化を実現します。世界の請求書ファイナンス業界は、過去20年間で年率14%近くの成長を遂げており、今後も継続的に拡大する市場です。この種の資金調達に対する需要は巨額であり、ますます高まっています。

Hive(HVN)は発行されたすべての請求書に固有の指紋を与えるためにブロックチェーン(分散された元帳)技術を使用します。これにより、企業は請求プロセスを自動化し、一般に公開することができます。要は、取引に関する請求書内容を信頼される形で自動で市場に提供することができます。具体的には、請求書のデータを作成し、発行者、所有者、支払人の記録を保持します。これにより、中小企業が利用できる流動性が急速に高まり、評価と監査に利用可能な請求書の中央データベースが作成されます。中小企業向けの流動性ギャップを埋めることに加えて、Hiveによって提供される技術は、企業の信用調査を支援し、迅速かつリアルタイムの監査を容易にします。

HVNトークンの利用用途

Hiveネットワークにより、企業が請求処理を自動化し、ファクタリングサービスを利用出来るようにしますが、HVNの代表的な利用用途としては以下があります。

HVN保有者はHivenネットワークや付与された信用度の採点結果に対して投票権(評価・クレームetc)を得ます。 また、Hiveブロックチェーンネットワーク上のデータアクセス費用としても使用可能です。

Hiveネットワークの仕組み

会社の財務データがブロックチェーンに暗号化されたうえでアップロードされます。この分散元帳は、会社の財務データの透明で不変な記録を一箇所に提供します。会社はブロックチェーンに関する財務データを所有し、流動性を求めるときにその利点を収益化することが出来ます。ブロックチェーン技術がビジネス界の「信頼」問題を解決するため、これは中小企業向けに、高度な流動性を提供します。

また、第三者がより信頼性の高いデータを取得し、流動性を求める人の資金調達額を増やすことが出来ます。仕組みとしては、Hive Project Platformによって提供されるトリプルエントリーアカウンティング(生の財務)は、債権者に借り手の信用度に関する信頼できる情報を提供します。借り手の財務の信頼感が高まると、リスクプレミアムが低下し、流動性が低下します。

チーム すべてを見る

Ugur Yildirim
Ugur Yildirim
Finance Advisor / Slovenia
Vasja Zupan
Vasja Zupan
Business and Strategy Advisor / Slovenia
Richard D. Titus
Richard D. Titus
Entrepreneur, CEO, coach and senior technology, Internet, and media executive / USA
Michael Terpin
Michael Terpin
Blockchain Adviser, CEO, Transform Group; Chairman, BitAngels / USA
Tomislav Mucic
Tomislav Mucic
Blockchain auditing / Slovenia
Jure Soklic
Jure Soklic
CO-Founder and CEO / Slovenia

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。