Play2Live - プレイ2ライブへよこそう

ゲーマーとイ• スポーツファンのための最初のフルブロー ダウンストリーム配信ストリーミングプラットフォーム。私たちは画期的なブロックチェーンテクノロジーとストリーミングサービスを融合させていく道を切り開いています。ゲームマーケットとイ• スポーツのマーケットを重複して動作することで、我々は顧客に新しいレベルの経験と関わりを提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LUC
開始日時
2018-02-12
終了日時
2018-03-05
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
0,05 USD
トークン供給数
818,000,000
公式サイトへ Owner of Play2Live?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, BCH, LTC, DASH, USD
供給率62.5
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • From 26th-31st January - 30%
  • From 1st-6th February - 25%
  • From 21st-23th February - 10%
  • From 24th-26th February - 9%
  • From 27th February - 1st March - 8%
  • From 2nd-4th March - 7%
  • From 5th-6th March - 6%
  • From 7th-8th March - 5%
  • From 9th-10th March - 4%
  • From 11th-12th March - 3%
  • 13 March - 2%
  • 14 March - 1%

概要

ブロックチェーン技術に基づいて、Play2Liveは、インタラクティブな機能と収益化ツールのユニークな組み合わせを導入しています。既存のストリーミングプラットフォームでは現在利用できません。Play2Liveのレベルアップチェーンのさらなる開発により、スピード、透明性、可用性などのブロックチェーンテクノロジの重要な利点を利用して、ストリーマー、ゲーマー、およびeSportsファンの皆様のニーズに対応する究極のエンドツーエンドソリューションを作成できます。Play2Liveプラットフォームコンテンツの生成とストリーマーの実用的ニーズに重点を置いたeSportsとゲームの本格的なエコシステムを紹介しています。eSportsとゲームの暗号プロジェクトのほとんどは、eSports市場の現在の状態の瞬間的な問題を解決する特定の狭いソリューションに焦点を当てています。したがって、Play2Liveは、eSportsやゲームの既存の仮想通貨プロジェクトの大部分と競合しません。さらに、Play2Liveは、このような新しい製品やパートナーをエコシステムに追加し、レベルアップチェーンのユーザーと直接対話する機能を提供します。ユーザーの視点から、従来のストリーミングプラットフォーム内のインタラクション体験を拡大します。ユーザーに、放送視聴者だけでなく、システムの貴重な参加者になる機会を提供します。

さらに、一般的なストリーマーのためにお金を稼ぐことを可能にする従来のストリーミングプラットフォームとは異なり、プラットフォームの通常のユーザーは活動からいくらかのお金を得ることもできます.Play2Liveの通常のユーザーはピアツーピアCDNサービスを見て、広告を見て、ストリーマーのタスクを実行し、他の多くの方法で。その結果、ユーザーはコンテンツ作成プロセスに従事し、最終的にプロジェクトの宣伝者になります。

チーム すべてを見る

Alexey Burdyko
Alexey Burdyko
CEO & Founder
Dmitry Kochnev
Dmitry Kochnev
COO
Inna Moroz
Inna Moroz
CBDO
Peidy Hung
Peidy Hung
BDD Asia
Orhan Zeynalli
Orhan Zeynalli
Blockchain CTO
Alexey Kuznetsov
Alexey Kuznetsov
Lead developer streaming core

人気STO/ICO記事

  • 韓国のIT業界4名、不特定の人事担当者のPCに侵入しMoneroをマイニング・・懲役が下される

    韓国の現地メディアKBSによると、IT業界で働いていた4名が2017年10月から12月までの2か月にわたり、韓国企業の人事担当者のPCに侵入し、時価総額10位のモネロをマイニングした疑いで逮捕された。フリーランスプログラマー、ショッピングモールを運営している4名は、2017年9月、注目を浴びていた仮想通貨を利用し、情報通信技術の盲点を狙い犯行を行った。仮想通貨で金銭的な利益を得るには、マイニングをするか、取引で利益を得る2つの方法がある。彼らはこの中で、マイニングを選んだ。通常マイニングを事業化するには、数百台のパソコンを用意する必要があるが、彼らはインターネットに接続された不特定多数のPCに
  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調