Play2Live - プレイ2ライブへよこそう

ゲーマーとイ• スポーツファンのための最初のフルブロー ダウンストリーム配信ストリーミングプラットフォーム。私たちは画期的なブロックチェーンテクノロジーとストリーミングサービスを融合させていく道を切り開いています。ゲームマーケットとイ• スポーツのマーケットを重複して動作することで、我々は顧客に新しいレベルの経験と関わりを提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LUC
開始日時
2018-02-12
終了日時
2018-03-05
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
0,05 USD
トークン供給数
818,000,000
公式サイトへ Owner of Play2Live?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, BCH, LTC, DASH, USD
供給率62.5
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • From 26th-31st January - 30%
  • From 1st-6th February - 25%
  • From 21st-23th February - 10%
  • From 24th-26th February - 9%
  • From 27th February - 1st March - 8%
  • From 2nd-4th March - 7%
  • From 5th-6th March - 6%
  • From 7th-8th March - 5%
  • From 9th-10th March - 4%
  • From 11th-12th March - 3%
  • 13 March - 2%
  • 14 March - 1%

概要

ブロックチェーン技術に基づいて、Play2Liveは、インタラクティブな機能と収益化ツールのユニークな組み合わせを導入しています。既存のストリーミングプラットフォームでは現在利用できません。Play2Liveのレベルアップチェーンのさらなる開発により、スピード、透明性、可用性などのブロックチェーンテクノロジの重要な利点を利用して、ストリーマー、ゲーマー、およびeSportsファンの皆様のニーズに対応する究極のエンドツーエンドソリューションを作成できます。Play2Liveプラットフォームコンテンツの生成とストリーマーの実用的ニーズに重点を置いたeSportsとゲームの本格的なエコシステムを紹介しています。eSportsとゲームの暗号プロジェクトのほとんどは、eSports市場の現在の状態の瞬間的な問題を解決する特定の狭いソリューションに焦点を当てています。したがって、Play2Liveは、eSportsやゲームの既存の仮想通貨プロジェクトの大部分と競合しません。さらに、Play2Liveは、このような新しい製品やパートナーをエコシステムに追加し、レベルアップチェーンのユーザーと直接対話する機能を提供します。ユーザーの視点から、従来のストリーミングプラットフォーム内のインタラクション体験を拡大します。ユーザーに、放送視聴者だけでなく、システムの貴重な参加者になる機会を提供します。

さらに、一般的なストリーマーのためにお金を稼ぐことを可能にする従来のストリーミングプラットフォームとは異なり、プラットフォームの通常のユーザーは活動からいくらかのお金を得ることもできます.Play2Liveの通常のユーザーはピアツーピアCDNサービスを見て、広告を見て、ストリーマーのタスクを実行し、他の多くの方法で。その結果、ユーザーはコンテンツ作成プロセスに従事し、最終的にプロジェクトの宣伝者になります。

チーム すべてを見る

Alexey Burdyko
Alexey Burdyko
CEO & Founder
Dmitry Kochnev
Dmitry Kochnev
COO
Inna Moroz
Inna Moroz
CBDO
Peidy Hung
Peidy Hung
BDD Asia
Orhan Zeynalli
Orhan Zeynalli
Blockchain CTO
Alexey Kuznetsov
Alexey Kuznetsov
Lead developer streaming core

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[