Play2Live - プレイ2ライブへよこそう

ゲーマーとイ• スポーツファンのための最初のフルブロー ダウンストリーム配信ストリーミングプラットフォーム。私たちは画期的なブロックチェーンテクノロジーとストリーミングサービスを融合させていく道を切り開いています。ゲームマーケットとイ• スポーツのマーケットを重複して動作することで、我々は顧客に新しいレベルの経験と関わりを提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LUC
開始日時
2018-02-12
終了日時
2018-03-05
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
0,05 USD
トークン供給数
818,000,000
公式サイトへ Owner of Play2Live?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, BCH, LTC, DASH, USD
供給率62.5
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • From 26th-31st January - 30%
  • From 1st-6th February - 25%
  • From 21st-23th February - 10%
  • From 24th-26th February - 9%
  • From 27th February - 1st March - 8%
  • From 2nd-4th March - 7%
  • From 5th-6th March - 6%
  • From 7th-8th March - 5%
  • From 9th-10th March - 4%
  • From 11th-12th March - 3%
  • 13 March - 2%
  • 14 March - 1%

概要

ブロックチェーン技術に基づいて、Play2Liveは、インタラクティブな機能と収益化ツールのユニークな組み合わせを導入しています。既存のストリーミングプラットフォームでは現在利用できません。Play2Liveのレベルアップチェーンのさらなる開発により、スピード、透明性、可用性などのブロックチェーンテクノロジの重要な利点を利用して、ストリーマー、ゲーマー、およびeSportsファンの皆様のニーズに対応する究極のエンドツーエンドソリューションを作成できます。Play2Liveプラットフォームコンテンツの生成とストリーマーの実用的ニーズに重点を置いたeSportsとゲームの本格的なエコシステムを紹介しています。eSportsとゲームの暗号プロジェクトのほとんどは、eSports市場の現在の状態の瞬間的な問題を解決する特定の狭いソリューションに焦点を当てています。したがって、Play2Liveは、eSportsやゲームの既存の仮想通貨プロジェクトの大部分と競合しません。さらに、Play2Liveは、このような新しい製品やパートナーをエコシステムに追加し、レベルアップチェーンのユーザーと直接対話する機能を提供します。ユーザーの視点から、従来のストリーミングプラットフォーム内のインタラクション体験を拡大します。ユーザーに、放送視聴者だけでなく、システムの貴重な参加者になる機会を提供します。

さらに、一般的なストリーマーのためにお金を稼ぐことを可能にする従来のストリーミングプラットフォームとは異なり、プラットフォームの通常のユーザーは活動からいくらかのお金を得ることもできます.Play2Liveの通常のユーザーはピアツーピアCDNサービスを見て、広告を見て、ストリーマーのタスクを実行し、他の多くの方法で。その結果、ユーザーはコンテンツ作成プロセスに従事し、最終的にプロジェクトの宣伝者になります。

チーム すべてを見る

Alexey Burdyko
Alexey Burdyko
CEO & Founder
Dmitry Kochnev
Dmitry Kochnev
COO
Inna Moroz
Inna Moroz
CBDO
Peidy Hung
Peidy Hung
BDD Asia
Orhan Zeynalli
Orhan Zeynalli
Blockchain CTO
Alexey Kuznetsov
Alexey Kuznetsov
Lead developer streaming core

人気STO/ICO記事

  • 【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!取引所診断ツールをコイン相場がリリース

    早速試してみたい方はから仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っているのか自信がありますか?Googleで検索して、色んな記事を読んで比較してもどこが自分にあっているのか、どこがいいのか、さっぱり分からない。。取引所関連の記事はいっぱいあるけれど、アフィリエイト報酬が高い順で並んでいるだけという事も多いですよね。判断に困る、比較するのが手間だという方々のために国内最大の仮想通貨アプリ、コイ
  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
  • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

    日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32