Pchain - 最初のネイティブマルチチェーンシステム

PCHAINは、1つのメインチェーンと複数の派生チェーンで構成されるEthereum Virtual Machine(EVM)をサポートする、世界初のネイティブマルチチェーンシステムです。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
PAI
トークン供給数
735,000,000
公式サイトへ Owner of Pchain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC-20
参加可能通貨ETH
供給率35%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

PCHAINネットワークは、マルチチェーンアプリケーションとEVMをネイティブにサポートする新しいインフラストラクチャレベルのパブリックチェーンシステムであり、業界のサードパーティ開発者向けのオープンでスケーラブルなプラットフォームを提供し、スマートコントラクトに基づく大規模なエンタープライズアプリケーションを可能にします。 PCHAINネットワークの基礎となるコアテクノロジーは次のとおりです。

1.トランザクションのパフォーマンスを大幅に向上させる多層シャーディングメカニズムに基づくPOSのコンセンサスでEVMをサポートする最初のネイティブマルチチェーンアーキテクチャ。

2.ナレッジ・グラフに基づく新しいOracleのメカニズムにより、スマート・コントラクトのカプセル化が容易になります。 PCHAINネットワークの内在的なW3C準拠のスマートデータは、スマートコントラクトでの非知能の問題に効果的に対処し、外部からの市場為替データと同様にスマートコントラクトの基本要素になります。

  1. PCHAINスマート・データの目標は、ノイズをフィルタリングしてOracleの不可欠な部分にする貴重なデータを生成することです。これらのスマートデータは、さまざまなスマートコントラクトやPCHAINネットワーク上の他のクロスチェーンリクエストで使用できます。一方で、スマートデータは、ブロックチェーンと人工知能の仲介役を果たすことができ、他方ではブロックチェーンと大きなデータの統合を容易にします。したがって、分散型の質疑応答、予測市場、分散知識グラフの構築、ソーシャルネットワーク、デジタルアイデンティティなど、広範なアプリケーションの見通しを持っています。

4.トランケートされたクロスチェーンソリューションは、デジタル通貨とデジタル資産の交換をより便利にします。さまざまなトークン(例:BCH、ERC20)を使用して、PCHAINネットワークでスマートコントラクトを呼び出すことができます。

チーム すべてを見る

Feng Cao
Feng Cao
Vision & Algorithm
Haojin Lv
Haojin Lv
Architecture
Zhanfeng Ma
Zhanfeng Ma
Blockchain Storageand Optimisation
Kai Zheng
Kai Zheng
In-memory Data Managemen
Zhihong Chong
Zhihong Chong
Knowledge Graph
ZhenjieZhang
ZhenjieZhang
Query Speedupand Indexing

人気STO/ICO記事

  • イランがミサイルを撃った後、BTCが上昇した理由は?

    イランが「コッズ部隊」のソレイマニ司令官殺害への報復としてイラクにある米空軍基地をミサイルで攻撃したことで、国際情勢が不安定になっています。高まる緊張感の中で「原油」、「金」、「BTC」の価格が大きく上昇しました。イランがミサイルを撃った後、ビットコイン(BTC)の価格が上昇した理由は何でしょうか?伝統的に国家間の武力衝突や貿易戦争のような地政学的リスクが勃発すると、お金を持っている資産家たちは財産を守るために「金」などを避難先として選んできました。今回も米国、イランの戦争リスクが高まった後「金」の価格は上昇し2013年以降、高値を更新しています。「金」の価格が上昇することは理解できるが誰も価
  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規
  • ファンディーノ(FUNDINNO)について

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価