Pchain - 最初のネイティブマルチチェーンシステム

PCHAINは、1つのメインチェーンと複数の派生チェーンで構成されるEthereum Virtual Machine(EVM)をサポートする、世界初のネイティブマルチチェーンシステムです。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
PAI
トークン供給数
735,000,000
公式サイトへ Owner of Pchain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC-20
参加可能通貨ETH
供給率35%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

PCHAINネットワークは、マルチチェーンアプリケーションとEVMをネイティブにサポートする新しいインフラストラクチャレベルのパブリックチェーンシステムであり、業界のサードパーティ開発者向けのオープンでスケーラブルなプラットフォームを提供し、スマートコントラクトに基づく大規模なエンタープライズアプリケーションを可能にします。 PCHAINネットワークの基礎となるコアテクノロジーは次のとおりです。

1.トランザクションのパフォーマンスを大幅に向上させる多層シャーディングメカニズムに基づくPOSのコンセンサスでEVMをサポートする最初のネイティブマルチチェーンアーキテクチャ。

2.ナレッジ・グラフに基づく新しいOracleのメカニズムにより、スマート・コントラクトのカプセル化が容易になります。 PCHAINネットワークの内在的なW3C準拠のスマートデータは、スマートコントラクトでの非知能の問題に効果的に対処し、外部からの市場為替データと同様にスマートコントラクトの基本要素になります。

  1. PCHAINスマート・データの目標は、ノイズをフィルタリングしてOracleの不可欠な部分にする貴重なデータを生成することです。これらのスマートデータは、さまざまなスマートコントラクトやPCHAINネットワーク上の他のクロスチェーンリクエストで使用できます。一方で、スマートデータは、ブロックチェーンと人工知能の仲介役を果たすことができ、他方ではブロックチェーンと大きなデータの統合を容易にします。したがって、分散型の質疑応答、予測市場、分散知識グラフの構築、ソーシャルネットワーク、デジタルアイデンティティなど、広範なアプリケーションの見通しを持っています。

4.トランケートされたクロスチェーンソリューションは、デジタル通貨とデジタル資産の交換をより便利にします。さまざまなトークン(例:BCH、ERC20)を使用して、PCHAINネットワークでスマートコントラクトを呼び出すことができます。

チーム すべてを見る

Feng Cao
Feng Cao
Vision & Algorithm
Haojin Lv
Haojin Lv
Architecture
Zhanfeng Ma
Zhanfeng Ma
Blockchain Storageand Optimisation
Kai Zheng
Kai Zheng
In-memory Data Managemen
Zhihong Chong
Zhihong Chong
Knowledge Graph
ZhenjieZhang
ZhenjieZhang
Query Speedupand Indexing

人気STO/ICO記事

  • 2020年、北朝鮮でブロックチェーンカンファランスが開かれる予定・・参加費は約40万円・日本人参加不可

    今年の4月に北朝鮮の首都である平壌(ピョンヤン)で開かれたブロックチェーンカンファランスが来年の2月に再度、開催されることになった。平壌のカンファランスはスペインの非政府組織(NGO) 団体の朝鮮親善協会(FKA)の設立者アレハンドロ「Alejandro Cao de Benos」とブロックチェーン諮問会社トークンキー(Token Key)が主催する。既に、広報のためのホームページも作成されたことが確認できた。()10日、平壌ブロックチェーンカンファランス主催者のアレハンドロ設立者は韓国メディアとのインタビューで「先日、開かれたカンファランスは包括的なコンテンツで構成されたが来年、開かれるカ
  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    ✅【便利】初心者でも使いやすい初心者でも簡単に取引できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高いバックグラウンド三菱UFJやみずほフィナンシャルグループなどメガバンクを含む名だたる大企業が株主になっており、運営企業の信頼性が高いです。また、三井住友海上と連携し、国内初となるビットコイン事業者向けサイバー保険を開発するなどユーザーが安心できるサービス展開をしています。✅【お得】ビットコインをタダで入手できるbitFlyer経由で
  • 2019年のブロックチェーン特許申請・・中国67%・米国16%·日本5%·ドイツ4%·韓国2%

    中国メディアIPRdailyは最近2019年、上半期の世界ブロックチェーン関連の「特許申請企業ランキング100」を発表した。2019年は2018年の特許申請数をはるかに上回っている。報道によると、特許申請の数が一番多かった企業は中国企業の「アリババ」で合わせて322件を申請していた。次は中国の保険会社「平安」が274件(2位)、その次はアンティグア・バーブーダ(カリブ海東部に位置する島国)のブロックチェーン企業「nChain」が241件(3位)だった。※資料: マスターカード 79件(10位) マイクロソフト 35件(22位)一方で日本企業は NEC 18件(46位) SONY