Pchain - 最初のネイティブマルチチェーンシステム

PCHAINは、1つのメインチェーンと複数の派生チェーンで構成されるEthereum Virtual Machine(EVM)をサポートする、世界初のネイティブマルチチェーンシステムです。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
PAI
トークン供給数
735,000,000
公式サイトへ Owner of Pchain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC-20
参加可能通貨ETH
供給率35%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

PCHAINネットワークは、マルチチェーンアプリケーションとEVMをネイティブにサポートする新しいインフラストラクチャレベルのパブリックチェーンシステムであり、業界のサードパーティ開発者向けのオープンでスケーラブルなプラットフォームを提供し、スマートコントラクトに基づく大規模なエンタープライズアプリケーションを可能にします。 PCHAINネットワークの基礎となるコアテクノロジーは次のとおりです。

1.トランザクションのパフォーマンスを大幅に向上させる多層シャーディングメカニズムに基づくPOSのコンセンサスでEVMをサポートする最初のネイティブマルチチェーンアーキテクチャ。

2.ナレッジ・グラフに基づく新しいOracleのメカニズムにより、スマート・コントラクトのカプセル化が容易になります。 PCHAINネットワークの内在的なW3C準拠のスマートデータは、スマートコントラクトでの非知能の問題に効果的に対処し、外部からの市場為替データと同様にスマートコントラクトの基本要素になります。

  1. PCHAINスマート・データの目標は、ノイズをフィルタリングしてOracleの不可欠な部分にする貴重なデータを生成することです。これらのスマートデータは、さまざまなスマートコントラクトやPCHAINネットワーク上の他のクロスチェーンリクエストで使用できます。一方で、スマートデータは、ブロックチェーンと人工知能の仲介役を果たすことができ、他方ではブロックチェーンと大きなデータの統合を容易にします。したがって、分散型の質疑応答、予測市場、分散知識グラフの構築、ソーシャルネットワーク、デジタルアイデンティティなど、広範なアプリケーションの見通しを持っています。

4.トランケートされたクロスチェーンソリューションは、デジタル通貨とデジタル資産の交換をより便利にします。さまざまなトークン(例:BCH、ERC20)を使用して、PCHAINネットワークでスマートコントラクトを呼び出すことができます。

チーム すべてを見る

Feng Cao
Feng Cao
Vision & Algorithm
Haojin Lv
Haojin Lv
Architecture
Zhanfeng Ma
Zhanfeng Ma
Blockchain Storageand Optimisation
Kai Zheng
Kai Zheng
In-memory Data Managemen
Zhihong Chong
Zhihong Chong
Knowledge Graph
ZhenjieZhang
ZhenjieZhang
Query Speedupand Indexing

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・ 
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常